エロそうなあそこをみたらもうすぐにあれが元気になった。

エロそうなあそこをみたらもうすぐにあれが元気になった。

"ノリがいいと思えば韓国から来たらしい。
でも韓国人の体に興味があったから一度会って遊んだ。
ホテル行こうよの一言ですぐにさせてくれた。
韓国人女性は腰が小さくて尻も小さめ、日本人の大きさとは違いまるで幼女を抱いているかのようだった。
あそこも小さめで挿入時はきついくらい。
相手は気持ちよさそうにしていたし、良かったって満足していた。

これ脱いで?」「うん」従順に俺の言うことを聞いてくれる女、さらりと脱いだ女の裸はというと、立体的だけど小さめ。
日本人女性のようにボン、キュ、ボンの感動はなかった。
俺は、彼女とシックスナインをしてあそこに顔を埋めた。
もちろんあそこを観察するために。
あああん」と喘ぎ声も若干日本人と差があるが、感じてるようだ。
まず味わいはどうか?舌先、舌全体を使って舐めてみた。「あっはん」いい反応。
指先を入れたり、粘膜をつーとなぞってみたりしながら、あそこが濡れてくる様子も観察してみた。
一体どこから愛液が出てきたのか、15分ほどの愛撫によりあそこはジュクジュクになってしまった。
チューと口で吸い付くと女は、「あっああん」というように声が出た。

もういいかと、指をマンコの方へと挿入してみる。
ああ、狭いが気持ちいい。
指にねっとりとまとわりつく粘膜。
生暖かい温度を感じながら、俺は女のフェラで感じて射精してしまった。
たっぷりの精子が彼女の顔を直撃したらしくて、顔から首にかけて飛んでいた。
ああ、いい光景だ、そう思いながらマンコに顔を埋めた。
まるで、海産物のナマコのようにうごめいている。

グロテスクなそこをみたらもうすぐにあれが元気になった。
二回目なのにもうビンビンに立っていたいくらい。
早くあそこにこれを出したい。
俺は女を無理にでも正常位にさせて、あそこにすぐに挿入した。
あう。。。
気持ちいい。
これはピストンをすればもっときもちいいはず。。
俺はそう思いながら、すぐにきついマンコに出し入れした。
女はというと、「はあはあ、あっはん、あっ」と悶えながらも、快楽を感じている。
切なそうな表情がそそる。
出し入れされる快楽を楽しんでいる様子だ。
女はラストスパートというときになってから、両腕を俺の肩に伸ばしてきた。
いよいよいくつもりだなとわかり、腰を強くふりつけた。
まるですべての精子を女の中に出すように腰をふる。
女が先に果てて、その後に俺も果てた。
いや俺はまだまだ3回戦に挑めるような余裕と元気があった。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事