コンビニの前で待ち合わせしたら約束通り彼女が待っていました。

コンビニの前で待ち合わせしたら約束通り彼女が待っていました。

"「今夜泊めてもらえませんか?

そんなメッセージをくれたのは19歳の園子ちゃん。

ハッピーメールからのメッセージだったのですが・・・。

う~ん。

これは本気なのか?

信用しても大丈夫なのか?

まぁ心配しても始まらないので、とりあえず返信することにしました。

もう何日もちゃんと寝てないんです。

何か食べさせて下さい。

服も洗いたいし・・・。

もしかして本当に切実?

とりあえず待ち合わせの場所を指定して車で迎えに行きました。

指定したのはコンビニの前だったのですが、約束通り園子ちゃんが待っていました。

パッと見た感じ、確かに薄汚れた服を着ていて髪もボサボサ。

もしかしてハズレを引いちゃった?

そんなことを考えつつも、とりあえずコンビニで食料を調達。

好きなものを買って良いよと言うと、食べ物や飲み物を思いっきりカゴの中に入れていました。

そして車に乗せて私のマンションに移動。

ちなみに園子ちゃん、ちょっと臭いました。

マンションに着いて先にお風呂に入るように勧めたのですが、そんな私の言葉を無視。

黙々と買ってきた弁当を食べています。

やっと食べ終わったので、洗濯するから服を脱ぐように言いました。

そしてそのまま浴室に。

園子ちゃんがお風呂に入っている間に彼女の服を洗濯。

1時間くらい経っても出てこないので覗いてみると、湯舟で爆睡していました。

一緒に入っちゃおう!

そう思って服を脱いで浴槽に入ると、目を覚ました園子ちゃんはちょっと怯えていました。

怯えてはいるものの騒いだり暴れたりする訳ではないので、そのまま一緒に入浴。

身体を丁寧に洗ってあげました。

ちなみにお風呂に入って綺麗になった園子ちゃん・・・

結構可愛いんです。

身体もロリ体型で完全に私好み。

ただ園子ちゃんの怯えた様子をみると、エッチは無理かもしれないなぁ。

そんな考えが頭を過りました。

お風呂を上がって私のパジャマを貸してあげたのですが・・・

そのままベッドに入って爆睡しちゃいました。

そんな訳で一晩悶々と過ごす羽目に。

翌日は私が休みだったので、彼女と一緒に出掛けてみることにしました。

周りから見たら、確実に親子だったと思います。

最初は静かだった園子ちゃんですが、少しづつ明るくなってきました。

食事したり彼女の服を買ってあげたり・・・

しばらくすると凄く楽しそうにしていました。

いつまでいられるのかと聞くと・・・

明日家に戻りたい。

少しお金を貸して下さい。

なるほど、今夜が勝負って訳だな。

マンションに戻って一緒に入浴。

園子ちゃん、やっぱり少し緊張しています。

でも覚悟は出来ているみたいで、私が胸を触っても何も言いません。

お風呂を上がってベッドに移動。

怖がらないように優しく愛撫してあげました。

彼女のオマンコは本当に綺麗でした。

ほとんど使ったことが無いようなオマンコです。

思いっきり味わったあと、いざ挿入しようとすると・・・

まだ1回しかやったことが無いんです。

痛いから優しくして下さい!

そんな風に言ってきました。

とにかく痛がらせないようにゆっくりゆっくり。

でも最初は少し痛がってましたが、徐々にオマンコも濡れ始めて来たんです。

彼女の反応を見ても明らかに感じ始めています。

その反応が何とも可愛くて、私の息子はギンギンです。

結局3時間くらい責めまくりました。

翌朝、彼女の家の近くまで車で送ってあげることに。

ちなみに私は川崎住みなのですが、彼女の家は静岡だったんです。

結構遠いのですが、また会いたいと思って頑張っちゃいました。

そして別れ際に連絡先の交換。

少しお小遣いを渡して帰って来ました。"

あなたにおすすめの記事