ドライブに連れていってくれるパートナーと一緒に。

ドライブに連れていってくれるパートナーと一緒に。

"出会い系サイトで不思議ちゃんと出会いました。

彼女はドライブが好きだけど、上京して来たばかりで、友達もいないし、免許もなかったので、ドライブに連れていってくれる優しパートナーを探す、20代前半の小柄でキュートな女性です。

ドライブデート当日、待ち合わせ場所に行くと、「彼女だな!」と直ぐにわかりました。

なぜなら、彼女は普段、メイド喫茶でバイトしていると聞いていたので、その時の格好が乙女チックな服装で、まさにと思わせる出で立ちでした。

◯◯さん、始めまして。今日はどこにいきたいの?

私、横浜に行ったことがないから、横浜に行きたい

いいよ!じゃあ、行こうか!

と車を走らせました。

運転中、彼女の短いスカートからチラチラ見える、肉付きの良い太ももが気になってしょうがない!

横浜に到着したら、もう日が暮れていて・・・

場所を山下公園に移し、2人で車から綺麗な景色を眺めました。

すると、彼女が「◯◯さん、さっきから私の太ももばかり見てるでしょう!

ごめん、綺麗な脚だったから、つい目がいっちゃたんだ!

う?ん、触ってもいいよ

え、まじで!

私は彼女の太ももを優しく触った。

調子に乗った私は彼女のあそこに手を伸ばして弄った。すると、パンツはジワァーと湿っていた。

彼女は全く抵抗する気配はなく、逆に「あん」と吐息を吐いていました。

突然、彼女が私のビンビンに固くなったち◯こに手を伸ばして、「お兄さんのち◯こ固い?」と舌をペロッとさせて私を見つめた。

ホテルで休憩しようか?

いいよ!

興奮を抑えて、ギラギラ輝くネオン街に直行!

部屋に入るなり、ディープキスでメイドごっこの幕開け!

彼女は甘えるように私にしがみつき、「お兄さん?、もっとして?」と舌を私の口の中にねじ込んできた。

服を脱がし、ブラを剥がしたら、小ぶりだけど形の良い、張りのあるおっぱい。

乳首は綺麗なピンク色!

チュパチュパ、ペロペロ!

お兄さん、おっぱい吸う赤ちゃんみたい?

おいちいです?

彼女のパンツを脱がし、露わになったあそこは、男どもにイタズラされていないだろう、ピンク色に輝く名器だった。

ま◯こにむしゃぶりつき、「いや?ん、お兄さん、気持ちいよ?

私もお兄さんの固くて大っきいち◯こ舐めたい?」とち◯こをほうばった。

そのフェラはぎこちなかったけど、一生懸命にご奉仕してくれる彼女が愛おしく感じました。

固くて大っきいち◯こ入れて?

あそこに挿入すると、そこは未開の地でキッツキツでした。

お兄さんのち◯こ大っきいから、あそこが壊れちゃう?」と彼女が雌ブタのようによがった。

いきそう?、出すよ!

彼女の綺麗なおっぱいに目掛けて、ザーメンを大量に発射!

彼女のおっぱいはザーメンに埋もれて雪化粧。

最後はち◯こをお掃除フェラして「ご主人様、気持ちよかったですか?」とザーメンを舐めてくれた。

まさに、リアルなエロいメイドごっこでした。"

あなたにおすすめの記事