夫の浮気、姑からの嫌がらせ、不貞行為に対してこれまで禁じてきたあたしも、もう我慢ならない…

不貞行為が法的に禁じられていても構わない…

そんな風に思いながら、あたしは出会い系サイトの1つに登録して主体的に浮気相手を探し求めることに…

タイプなんてなくて、誰でも構わないという気持ちだった…

なぜなら理由は…

家族へのあてつけであるからで…

あてつけに浮気するのに相手を選んでいる立場でもなかった…

こんにちわ

案外普通の印象の男の人と、初対面ですぐにホテルへと入ることにした。

もう、あたしの気持ち、感情はネガティヴなものでいっぱいだった…から。

失礼だけれど…もう、目の前の男の人のことはどうでも良くて…

夫のことばかり考えて憎しみに満ちていたから。

若い女性にはよくあるパターンだけれども、大人の女性、既婚者にも芽生えてくる憎しみの感情。

ピュアじゃなかった夫を見る目がなかった自分が悪い。

そして、人生経験が少なかった自分の責任、そういう悔しさでいとも簡単に男の前ではだかになれた。

綺麗だね…

そうかしら?

一応社交辞令を交わした2人の男女は、すぐに肌を重ねてゆく。

ゆっくりと相手の肌のぬくもりを感じながら…

夫とは異なる体にウキウキしながら彼に抱きしめられた。

その細い背中のラインは男からみればか弱く、恋人のものではなくても愛しい、そんな印象を受ける女の体。

もう、うずうずしてきたのか、さすがの既婚者、経験者の体だった。

ああ、早く欲しい。

それが女の本心。

誰だって一度快楽を与えられたらそう思うもの…

体の奥が疼いて仕方がない。

早く欲しい…男の男根を頭と体でイメージして求めた。

彼を押し倒してズボンの上から手を当てると、程よく硬くなっているあそこがある。

もりもりとしており、服の中から出してみれば、勃起していた。

ちょっとした遊びの浮気が夫より体の相性がよくて本気の浮気へ

夫のものでさえここまではっきりと勃起していたことはなく…

上を向いた竿を手でさすりながら、優しく優しく扱う。

そうして、口に加えてゆく。

大きな口を開けるようにして先の方を口へ含んだ。

すでに先から濡れており、男もまた射精直前。

ピクピクと動きカウパー液が溢れてきた。

もう、辛そうね…

男の状態をみていると、そう悟ってしまうくらい。

そして、そのまま彼のものを自分の中へとするすると導いていき、入っていく。

騎乗位の格好で腰を揺らす、振り乱して中へ奥へと快楽を求めた。

うんん…自分から腰を振るのも男の竿がしっかりしているからこそ…

夫への仕打ちのつもりだったのに、すっかり本気の浮気へと心変わりしていた。

あなたにおすすめの記事