真面目で控えめな性格の私が出会い系で彼氏候補を探した。

実際にあってみると男がw足しをひと目見て驚いて「いいの?」と何回も聞いてきたので、私は強気で「いいの!」と一言。

そうしたら彼は女性への欲求不満が爆発したかのような強引なセックスをしてきた。

お互いに激しい息づかいで腰を振り続けた後、私の横で眠る男をみて元カレを思い出したが・・・。

激しくセックスで腰を振り続けたあとで、横で眠る男をみて元カレを思い出したが・・・

さとみっていう冴えない女、保母さんとして働いていて…彼氏は元高校の同級生と付き合ったり、離れたり…そんな不安定な関係がいやで、分かれてしまった。

仕事から帰宅しても、どうしようかなあって…悩んじゃうから、結局は彼はひとりの女では満足できないんだ…わかっているのに…

そんなひとみは、真面目で控えめな性格なのに、出会い系で彼氏候補を探していた。

誰にも言っていない。秘密の遊び。

元彼との思い出そして存在感を忘れてしまいたいと思っていた。

どうしよう。。

それがさとみの口癖で、どうしよう…と口にしても、一向に違和感の感じないさとみ。

潤った瞳に、ロングヘア、パーマ、といった風貌…そんな風だからどうしよう…と心細さで口にしても、男が寄りかからせてあげたくなるくらい。

男もさとみを一目みて、驚いた。

まさに清純といえる美貌だから。

いいの?

え?

いいの?と聞かれた意味がわからずに焦り…さとみは男と寝てしまった。

白い肌、透き通るように白い肌は、他の女性とは一線をしいていた。

肩は華奢ではなく、色が白いということがさとみの魅力で、元彼もそこを評価していた。

元彼と一度寝てしまうと彼はすぐにさとみには飽きてしまったようで、女心と合い反して、ギクシャクしていた。

出会い系の見知らぬ男とも平気でねれる自分に驚きながらも…こんなこと平気でできちゃうんだ…あたし…もう、◯◯君のことは気にならない。。

頑固な一面のあるさとみは心に決意した。

いいの?

さとみのキャラクターを察したその男はというと、彼女の美しい裸体を犯してしまってもいいのか聞いた。

いいの!

さとみらしい、強気の一言。

彼はその返事を聞いてからというものの、すぐに遅いかかってきた…

さとみさん。。綺麗だ。。

強引なsexをした。

女性への欲求不満が爆発したかのようなsex…を。

はあはあ…はあはあ。。

さとみも男も2人とも激しい息使いで、腰をふりながら、打ち付けた…

はあはあ…はあはあ…

そしてついに、2人は同じタイミングで果ててしまう。

うまく同時にいくことができた。

はあはあ…。

上半身から荒い呼吸が出てきりがなく。。

はあはあ…

そうしてついに果ててしまうことに…

ぐったりした2人がベットの上で寝てすごし、さとみはひとり目を覚ますと男がまだ眠っている。

彼女はひとり男の顔を見ながらも、元彼の存在と彼とのベットの後のことを考えている。

でも、、気持ちはこのまま閉じ込めておきたい、新しい出会いに向けて。

あなたにおすすめの記事