私は出会い系サイトで知り合ったたくや君に会うために駅前を訪れた。

たくや君は野外物のAVをよく観ているらしく、森の中でセックスするのに憧れているようだった。

その憧れを実現させる決意をし、Jメールに登録したらしい。

私も野外セックスには憧れを抱いていた。

野外セックスをしたくてたまらなくなり、Jメールに登録した。

プロフィールに野外セックスしたいと記載していたたくや君を見つけてメッセージを送ったのだ。

そうして何度かやりとりを交わしていると、たくや君が野外セックスしないかとメッセージを送ってきた。

やっと野外セックスできるんだと私は喜び、すぐにしたいと返した。

いろいろと話し合い、駅前で待ち合わせて近くの森に向かうことになったのだ。

早く来ないかなと思いながら待っていると、軽自動車が駅前にやってきて停まった。

軽自動車から爽やかな男性が降りてきて辺りをキョロキョロと見回した。

たくや君?

そうだよ。さあ、乗って

私はたくや君に促されて助手席に乗り、軽自動車は近くの森を目指して出発した。

軽自動車を停めて降りると、私とたくや君は森の奥に進んだ。拓けた場所に出ると、私とたくや君は服を脱いで全裸になった。
野外でアナルセックス初体験できた話

まずはフェラしてもらおうかな

私は頷くと、ペニスを喉奥まで咥えてフェラを始めた。ゆっくりと頭を動かしながら、陰茎を舐め回した。カリ首に付着したチンカスも舐め取っていく。

気持ちいいよ

たくや君は言いながら、私の頭を両手で掴むと、腰を勢いよく動かして喉ちんこを突いてきた。

何度も喉ちんこを突かれて苦しくなり、鼻水が出てきた。

もう出そうだ

たくや君は私の口内に精液を出した。

ごくん……美味しい

私はごくんと精液を飲み込んだ。

私は大木に両手を突くと、お尻をグイッと突き出した。

それじゃ、挿れるよ

たくや君は私のオマンコにペニスを挿入してきた。私のオマンコはすでにぐちょぐちょに濡れていた。

めちゃくちゃにしてあげるからね

たくや君はそう言うと、激しくピストン運動を繰り返した。

リズミカルにペニスでオマンコを突かれるのを感じる。さらに愛液が溢れてきた。

オマンコを激しく突かれながら、首を動かして振り向くと、たくや君が木の枝を拾うのが見えた。

たくや君は私に微笑みかけると、木の枝をアナルに突っ込んできた。

何度も木の枝を出し入れされて気持ちよかった。

太い木の枝ということもあり、まるでペニスをアナルに挿入されているかのような感覚だった。

たくや君はピストン運動を繰り返しながら、木の枝も動かしてきた。

ああん!気持ちいいよ!

私はあえぎ声をあげ、自ら腰を振った。

中に出すよ!

たくや君は私のオマンコにたっぷりと精液を出した。

気持ちよかったよ

たくや君はそう言うと、アナルから木の枝を抜いて僅かに付着した大便を舐めた。

ランキング
あなたにおすすめの記事