私のDカップはあろうかという胸をやさしくも激しく揉んでいく。

私のエッチな車内体験談を聞いて

"サイト内で連絡した時からエロい感じの女の子。
ホテルとかではなく、いつもと違うところでしてみたいという願望を伝えると、あっさりOK。
待ち合わせのコンビニの駐車場で待っていると、窓をノックする音が。
自分「まこさんですか?
まこ「はい!
元気のある愛想のよい子です。

車に乗り込み話を進めます。
自分「エッチなこと好きなの?
まこ「車の中とかしたことないけど興味があって…
自分「じゃあ人がいないような場所探そうか。
まこ「私一つ候補があるんです。
最初から期待をして候補地を探していたようです。

食事などに行くわけでもなく、二人で人けがないところを探します。
彼女が教えてくれた候補地は山の中でした。
時間帯も夜中に近く、人通りもなければ車も通らないような道です。
なので、基本的には安全だろうということで早速始めることにしました。
二人で後部座席に移動してシートを倒して場所を作ります。

そして、余計なことは考えず彼女と濃密なキスをする。
彼女もそれに嫌がることはなくむしろ積極的に舌を入れてくる。
興奮しすぎたので彼女の服のボタンを外していく。
彼女もそれにこたえるかのように服の中に手を入れてきて乳首を指でつまんでくる。

彼女のDカップはあろうかという胸をやさしくも激しく揉んでいく。
さらに彼女のスカートと下着をさっと脱がした。
既に彼女の指は僕の股間を撫でていました。

自分「積極的だね。
まこ「来る前からムラムラしてて…
自分「激しくしてもいい?」
まこ「もう、めちゃくちゃにして(笑)
という冗談を交えながら自分のムスコにゴムをつけて挿入。
彼女も小さな声で吐息をもらしながら受け入れました。

最初から興奮度マックスだったこともあり、激しく動いてしまいました。
激しく動いても彼女は受け入れてくれました。
むしろもっと欲しいと言わんばかりに足でしっかりホールドされました。
奥まで届いて中でおもいっきり締め付けられます。
彼女の中は暖かくも良い締め付けで僕のモノを咥えて話しません。

あまりの締め付けによってすぐに果ててしまいました。
興奮が冷めない私たちはすぐに二回戦を進めようとしましたが、ここで彼女から提案が。
まこ「ねぇ、人いないから外に出てみない?
自分「え?
まこ「してみたい…。

ドアを開けてドキドキしながら車に手を当てた彼女にバックで挿入。
静けさの中にリズムよく響く音がドキドキを増幅させ、声を押し殺している彼女を見て興奮しました。

ド変態ってこういうことなんですね。
次はどこでしようか計画中です。"

あなたにおすすめの記事