普通の子が出会い系で男とホテルに行こうと思ったのかだろう。

普通の子が出会い系で男とホテルに行こうと思ったのかだろう。

"酔った勢いで仲間と出会い系を利用した。
自分もみんなも酔いがまわり本能のままだったと思う。
そして、平常に戻ってからある一人の女とやりとりがつずいた。
出会い系の女なんて、ヤリマンだろうと偏見に満ちていたが、自分も溜まっていたから可愛ければいいと思って会うことにした。
残念なことに俺はずるい面を持ち合わせている。
遠くから確認して、抱けないビジュアルなら、やめようと決めていた。

それらしき女は現れた。今時の普通の子、いやビジュアル偏差値ではそれ以上にいい女だ。
しかも、若い。
浮き足だち、俺は女のところへ行くと声をかけた。

あの、君、チカちゃん?」女はコクンと小さく頷いている。
はじめまして」挨拶を控えめにする彼女を見て、まあまあだなと評価していた。

その辺ぶらつこうかと声をかけてやると、コクンと頷いてついてくる。
こういうタイプは嫌いではないけれども、正直初対面だからやりにくい。
いい加減なところで「なあ、ホテル行こうか」と直接的に誘って見た。
頷く彼女の手を取り、歓楽街へ。
処女っぽいけれど、そんなはずないだろうと、強引に抱きしめた。
女の反応は悪くない。
されるままに受け入れてくれる。

俺は調子に乗り、洋服の上からキスをしまくり、胸を弄る。
「服脱いで」と伝えると無言で脱いでくれた。
なんて扱いやすい子なんだ。。
そう思い、俺はいじめることにした。
下着姿にさせて「いつものように自慰して見せて」そう伝えると彼女は、「ええ、いやあ」と反応した。
その時も初めての抵抗とも言える意思表示にますます興奮してしまう。
彼女の体を自分の膝に乗せて、脚を広げてパンツの中に手を入れさせた。
いやあ、恥ずかしい」と小さな声で拒絶している女、「指を動かしてごらん」と指示すると、くねくね動かし初めている。
クチュと卑猥な音が静まる部屋に響いている。

エッチな音だね、いつも自分でしてるの?」というように尋問を始める。
彼女のことを知りたい、なぜこんな普通の子が出会い系で知り合う男とホテルに行こうと思ったのか気になっていた。
彼女の秘部からは日常的にしているだろう様子がうかがえる。
とろ?とした液が見えた。
自ら腰を振りまわし、我慢がきかないと「ねえ、入れて」というふうにおねだりをする女の顔は、それまでの顔とは一変している。
女の顔、俺は相当エロい女だと思った。
じゃあ俺のものをしゃぶってみて」とリクエスト。
躊躇なく口に咥えた。
その女の口もとのだらしなさに驚きながら、入れてあげようかと女の穴に勢いよく、突っ込んだ。

女は見た目でエロさはわからないものだ。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事