彼女の体は想像を超えてエロくて驚いてしまう。

彼女の体は想像を超えてエロくて驚いてしまう。

"俺は田舎で一人暮らし、妻は先立って。。

というよりもずーとずーと、独身貴族だった。

伊豆の小さい村で、自給自足の暮らしをしていると健全で健康的に思うけど、欲を満たす機会は少なくて出会い系で遊んでいた。

もちろん、好みは若い子だから、ターゲットも若い子限定で探していたら、高校生ってこともあった。

さすがに高校生とエッチする気もなくて、別の女にしたけど。

29歳という妙齢で、彼氏がいないっていうから将来の可能性も考えて選んだ。

二人とも趣味があって、バイクツーリングを好むということで待ち合わせはある道の駅にした。

女性ライダーは彼女くらいなものですぐに見つかった。

みきさんですか?そう声をかけると、はいと、返事を返してくれた。

軽く自己紹介を交わしてお茶をのみ、一走りした。

初日はそれだけ。次の会う約束も交わしていたため、次は俺の家に呼んだ。

普通、出会い系で出会った男女が部屋に呼ぶ、または部屋に入るなんて到底考えられない行動だけど、二人は自然にしていた。

どちらも世間しらずなとこがあったんだと思う。

その日も男女関係には至らず、彼女は古民家をみて帰宅した。

次に彼女の家の近くに行こうということになった。その日初めて男女の関係を持った。

彼女の方も三度目だからいいだろうということみたいだけど、彼女の体は想像していたよりもエロくて驚いてしまう。。

胸は垂れているものの大きく、垂れ具合がまたエロかった。

俺の片手で下から持ち上げてあげると、垂れた胸の感触がした。

乳首を口に含み、チュパチュパと音を立てて吸い付いていると、彼女は気持ちよさそうにあえいでいる。

ああああ」29歳と聞いていたが、喘ぎ声はもっと大人の女のものであった。

大人の女の喘ぎ声そのものであった。

その色気に驚いて、俺は彼女の女性部分をもっと見てみたいと思った。

乳首だけではなく、あそこのぼっきも見てみたい。

彼女を立たせたままでパンティを引きずり下ろした。

あああ。また色気のある声で反応している。

スカートの裾が邪魔で強引に両足を広げた。

ああん、拒絶か歓喜かわからない声を聞きながら、頭を両足の中へねじ込む。

下から上をのぞくとそこは剛毛だった。

どこがクリなのかさっぱりわからない。

指でビラビラを押し広げると赤い粘膜が見えた。

真ん中部分を押すたびに「ああああ」と深い声を上がている。

今まで何人の男を受け入れてきた?」と聞くと、「二人」と答えた。

嫉妬というよりも、興味が強く女のクリを指で一層強くつねってみた。

グリグリと。

いやあああああん」快楽の声をあげて彼女一人いってしまう。

それからたびたび二人はツーリングを楽しんでは、エッチに励んだ。

エロい女に出会えてラッキーだった。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事