出会い系サイトの女には情が無い。

出会い系サイトの女には情が無い。

"出会い系でエッチした女は、エッチにこだわりが無いぶん好きなように抱けるし楽だ。
彼女と違って、注文も多く無いし、気を使わなくていい。
出会い系で知り合った女とは何度かエッチまでした。部屋に呼んだこともある。
挿入まで至らなかった女もいる。
中でも、挿入したら怖そうな女もいた。
忘れらえない女、またしたくなる女はゆるい女、天然で華奢ででも美人で胸が大きい、そんな女を抱くにはいい女と思っている。

彼女の名前はマミだった。
小柄なのに胸が大きく、手足もバンビのように華奢で、美人かつ天然だった。ちょっと触ってやると、感じ始める。
マミとの待ち合わせの時にも他の男にナンパされていた。
そこに現れた俺を、彼氏だと周囲は思ったらしい。
マミは白昼「ホテル行くでしょ?」と声をかけてきた。
こっちが思わず「いいの?」と聞き返す。マミはホテルを使い慣れている。

俺の性癖から、マミをシャワーに行かせる前に目の前で洋服を脱いで体を見せて欲しいと伝えた。
マミは、それくらいのことというふうに拒絶もせずにスカートやブラウスを脱いでいく。
とくにパンティの秘部の面積が小さくて、女のこらしくて欲情してきた。
舐めたい、どんな匂いか確かめたいという気持ちが高ぶり、マミを立たせたままで、あそこに吸いついた。
クンクンと鼻をならせて匂いを嗅ぐ。
いっやあーん」と一応声をあげているマミ、その肌は柔らかく、白くピンク色のパンティが映えている。

パンティの中に手を入れてもいい?そう聞くと、「いっやあ」というそぶりをしながらもまんざらでも無い様子。
手を上から入れてみると、マミの繁みの感触が伝わってきた。
以外と茂っている。。可愛いのにこんなふうになっているんだ。
と内心思いながら。。見た目成熟した女のあそこがいくら茂みであろうと気にならないけど、清純そうな外見ならギャップが大きいものだ。

俺は立たせたままのマミに対してパンティを一気にひきおろして見せた。
ああ」この時だけはマミは驚いたような大きな声を出していた。
女にとって男にパンティをおろされるという行為は、最後の砦を超えられたようなものらしい。
あらわになる秘部をしたから覗くと、すでに濡れている。
パンティもおねしょのように濡れている。
壁に手をつかせて、後部からバックで挿入してやる。
ああ」と言いながらも受け入れているマミ、こんなこと彼女相手にはできない変態行為だと思っているが、出会い系サイトの女には情が無いので出来てしまう。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事