単身赴任先の町で知り合った女性とセックス。

単身赴任先の町で知り合った女性とセックス。

"50歳位の時の話。

私は、単身赴任で東北のS市で暮らしていた。

その時は、赴任したての頃で、勿論セックスの相手はいない。

例によって、出会い系を使って、適当な相手を探し始めた。出会い系を使い、女の体にお世話になった経験は、それまで10件程ある。

それで、今回も、という訳である。

いつも最初に開く出会い系サイトは、Aサイトと決めている。

なぜなら、このサイトには「さくら」がいないからである。

その掲示板に「今直ぐ会いたい」というコーナーがある。

ここを開いてみたら「今、S市に来ています。泊めて頂けますか?歳上の人限定」と書かれたメッセージを発見。

歳は30代後半とある。

このようなメッセージの場合、引く手数多だろうから、当選確率は低い。しかし、ダメモトでメールしてみた。すると、あっという間に返事が来た。

お会いしたい

私は、自宅から少々離れた喫茶店を指定した。

路上で女と会うのは、知人に発見される危険性がある。

だから、喫茶店のような限定された空間の方が安全である。

どんな女だろう」スケベな女には違いないが、スケベな女の顔を見るのもまた楽しみの一つである。

へー、こんな顔した女がスケベなんかい」と女性研究の参考になる。

女は、派手でもなく地味でもなく、余り目立たない普通の服装で現れた。

セミロングの髪形で、顔にはメガネを掛けている。

歳格好は、40歳位。40歳でも、50歳のおっさんからすれば、若くて美味しい年頃である。

東京にある本社から、月2回、出張でS市に来るという。

私は、スケベな女が大好き。見ているだけで、心臓がボッキボッキ。

それで、込み入った話はそこそこに、自分のマンションに連れて行くことにした。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事