利用料が比較的安いと思う、ワクワクメールを通じてエロい女の子と出会えた俺の体験記。

相手もヤリモクでないものの、いわなくても分かり合えたようだった。

まるでまだ学生のように見える女の子で、その身なりは普通すぎるほどに普通。ミニスカ、セーター、カーディガンというように。
押しに弱い普通の女子大生と即セックスした
まるで自宅にいる女子学生のようにカジュアルな服装をして、会いにきた彼女、顔も童顔でショートカット、大きな瞳をした彼女だった。

初めまして。ゆきこです。

普通の子だな。

それが俺のこの子に対する印象だった。

普通すぎて期待とは違う。

俺はロリコンの趣味もないしということで、ハズレかと思ってホテルに行った。

シャワー浴びなくていいよね。

俺は強引にうんと言わせようとした。
彼女の方もそれでもいい様子で、うんと頷く。

ムチムチしている太ももを片手でなぞっていく。

さりげなく足の力を緩めた彼女、隙をみて目的の部位に触れてみた。

ああ、その手触りというと、さわさわとしており、ボリュームは少なめに感じた。

さっそくこの目で確かめてやろうと思い、彼女の足元にしゃがみ込む。

ミニスカの裾を持ちながら、ひらりとあげる。目の前に現れた光景、それが彼女自身。想像したように薄く面積は広い。

強引に指を入れて見た。

あっん。

クリトリスの周辺に指一本を押し込み、第一関節のあたりからぐいぐいと動かすようにする。

すると、ウニョウニョとした彼女の粘膜が指先に触れた。

これはすでに濡れているというサインのような状況で、そのとおり、指先を出してみるとねっとりとした粘液が絡みついている。

もうこんなになってる。わかる?じぶんでも。

うん。いやあ。

嫌?ここはこんなに喜んでいるみたいだけどね…

あっん。くちゅうう。。

彼女の口と下の口両方からいやらしい音が聞こえている。

そして、部屋に響いてくる卑猥な音を頼りにしながら2人は密着していった。

ついに繋がろうと、相手を床に寝かすように促す。

大きく両足を開いた彼女、肉感たっぷりの太ももであるとか、お尻が存在感を際立たせているように見えた。

肝心要のあそこもかなり美味しそうにしている。

ぱっくり割れたあそこに向けて、一気に押し込んでいく。

この体からするとかなり奥まで咥えるだろうしと、強引気味に押し込んでいく。

んんん。

苦しいのか、それとも快楽なのかわからない声が俺をさらに欲情させていく。

ああ、もうだめだ、果てるかも。。

彼女の表情、様子を見ながら中でそそり立つように大きくなっていく。

もう、出すよ。

うん。

相手は優しく俺を受け止めてくれた。

ランキング
あなたにおすすめの記事