カフェに入った時から身体に触れて来たり、エッチする気満々だと思いました。

出会ったその日にホテルに行ったお話し

"Jメールで写メ交換した時に「結構かっこいいな」と思いました。

メールの印象は普通。

携帯番号を教えてきたので、直で話して会うことになりました。

待ち合わせは東上線の丸井のある駅です。

りえさんですか?」と聞かれ頷きました。

相手は典(のり)さんでした。

カフェに入った時から同じタバコを吸わせたり、身体に触れて来たり、エッチする気満々だと思いました。

ワイルド系か?と言われると外見インテリなのです。

のりさんは自分の外見に自信があるようでした。

まあイケてるから仕方ないとは思うのですが。

会ってみてどう思った?」「ちょっとお茶したらホテル行こうか?」のりさん的には当然の流れみたいだし、良いかなと。

Jメールで若妻との経験が豊富みたいで、「断られたことがない」と言っていました。

ただモテる人なのでちょっとケチなのはタマに傷でした。

りえちゃん、俺に抱かれたらやみつきになっちゃうよ」と言われ、迷いましたがついていくことに。

ホテルに入って軽くシャワー浴びたら「おしゃぶりタイム」です。

ね?たくさんおしゃぶりして」と言われ、しゃぶりつきました。

両手をバンザイされて?押さえつけられながらおしゃぶりすると、今までの経験上私が若かったのもあって、「もっと舌使って」「今度は口をすぼめて吸って」いろいろ要求されました。

途中でご褒美にキスされました。

のりさんは細身なのに絶倫でなかなかイキませんでした。

心の中で(のりさんの前戯っておしゃぶりなんだ)と思いましたが、のりさんのペニスが欲しかったんです。

りえちゃん今度はお四つん這いになってお尻を高くあげて、自分で割れ目ちゃんを開いて見せて」言われた通りにしました。

ここにのりさんのち〇ぽをください」は?「りえはのりさんのち〇ぽが大好きです」って言わないと入れてあげないよ。・・・恥ずかしがりながら言ったら、ずっぽりと挿入されて、がんがんに突かれていました。

後ろからおっぱいを鷲掴みにされて、乳首を引っ張られたり、じらされて止められたリ(その間はのりさんを称賛するような言葉を言わされました。)

のりさんは「これから好きな時に呼び出すからいつでもヤラセルんだよ。相手はいくらでもいるんだから」少し?と思ったけど、身体の欲望には勝てずに何度もイキました。

のりさんが射精すると今度はお掃除タイムです。

涙で顔をぐしょぐしょにしながら、また手を押さえられてお掃除しました。

尿道やタマも舐められるのが好きで毛が鼻に入るのですが、頑張ってお掃除しました。

その後も何度も呼び出されて完全なセフレでしたが、時々「のりさんは今でも遊んでいるんだろうな」と思います。"

ランキング
あなたにおすすめの記事