私に一回り以上離れた20代の男の子が声をかけてくれた。

夏の音色のなかで...

"「そのソファに座ってて、今新しい空気入れるね」そんなことを言いながら、胸の高鳴りを抑えていた。

目をみて話すことが出来ず、間接照明だけで明かりをとった。

ひんやりとした夏の夜風が、少し湿り気を帯びて、この部屋を駆け巡る。

まさか、40を過ぎた私に一回り以上離れた20代の男の子が声をかけてきたなんて。

たまたま出会ったお店でのお酒の勢いか、それとも興味を持ってくれたのか、聞きたいことは沢山あるが、年上としての余裕を見せなければ。

でも本当は、男の人を家に入れるなんていつぶりだろう。

独身生活の侘しさを少しでも消すかのように、ゆったりとしたBGMを流し、ずっととっておいたワインを出してみた。

ワイングラスの小さな音とともに、改めて乾杯をした。

なんか大人で緊張しますね

白い歯を見せ、若く透き通った瞳でこちらに微笑んでくる。

私の心臓の音がBGMよりも大きく聞こえてくる。

なんか食べる?作ってこよっか?

こんな返しが精いっぱいだった。

まなみさんって、うなじきれいですよね」そういうと細く柔らかい指でそっと撫でてきた。

ありがとう…

ふり絞るように答えたかと思うと、そっと抱き寄せられた。

私は彼の爽やかで甘い香りに、身を委ねた。

そっと、おでこから髪、そして耳に。

彼の唇が当たり、その柔らかさに溶けていきそうな感覚が全身を駆け巡った。

かいくん、くすぐったい

そう言った瞬間、ぐっと唇を重ねてきた。

色んな事はどうでもよい。

この瞬間を大切にしたい。

かいくんの指はもう私の服の中を駆け巡り、ブラジャーの上にたどり着く。

私の体は、指が優しく動いているのを敏感に感じ取っていた。

あっ…

漏れた。あまりの感覚に声が漏れてしまった。

それが合図かのように、シャツのボタンを外し、さっとホックも取ってしまった。

肩から滑り落ちるブラ紐を優しく脱がすと、露わになった乳房にまたあの柔らかい唇が。

んっ…あっ…、はっ

窓を開けたままだ。でも、我慢できない。

かいくんの舌が私の乳首を温かく包んで、時折弾いてくる刺激に耐えられなくなる。

BGMではかき消せない程の声が勝手にこみあげてくる。

まなみさん、かわいいですね

ぼく、好きです

そういうと同時に太ももから手を滑らし、スカートの中へ。

かいくんの指が下着の上からそっと触れた瞬間、理性が崩れた。

はっ…んっ

早く触ってほしい。

焦らされている中、そう願った。

もう、我慢できない。

自分で下着を脱いでしまった。

まなみさんの下着、びちゃびちゃにしちゃいました、ごめんなさい」愛しくなった。

そうじゃない。

欲しくてたまらなくなっただけ。

ううん、気持ちよくなって、つい脱いじゃった」「もっと、お願いしていい?」彼の可愛さに、素直になれた自分がいた。

すると、彼の奇麗な指がぬるっと私の蜜にまみれながら入ってきた。

ああっっ…

指先で確かめるように中をノックされる。

体の底から感度が高まるのを感じた。

彼はスカートを思いきりめくった。

暗がりのなかでもはっきり見えているような気がして、恥ずかしくなった。

きれいです

やだ、かいくん、見ないで

ここ、おっきくなってますよ

そういうと、ぬめり気が増し感度が高まり切った先端へ、指を押し当て小刻みに震わす。

だめっ…

それ以上は、おかしくなりそうだった。

でも、彼はますます激しくする。

今度はそっと指先で先端を露わに剥くと、舌先で何度も弾いてくる。

あんんっつ…ダメ…

ぼく、お願いされたので」少しお茶目な声でそう言うと、舌先はそのままに、もう一度あの柔らかな指がするりと入ってきた。

かき回し、何度も入れなおし、そして舌先で弾かれる。

何度も何度も繰り返される。

少し執拗かと思うほどに。

あんっ、あんっ…、すごい…

そして、そのスピードはどんどんと増してくる。

蜜が溢れているのが自分でもわかった。

ぴちゃぴちゃと聞こえ、おかしくなるほどに、感度が増してきた。

ダメッ、ダメッ、ああんっつ!

私は大きな声を出し、びくっと腰を跳ねて、落ちていった。

彼はそんな私の太ももに優しくキスをした。

火照った体にじんわりと汗をかき、夜風が優しく包んだ。"

あなたにおすすめの記事