彼のことを思い出してベットの中で一人エッチを試みた。

彼のことを思い出してベットの中で一人エッチを試みた。

"あたし、かよこ。
地味な名前はあたしのせいじゃない。
親のせいで、出会い系で本名を名乗るともてない。
名前だけで釣るならキャバクラ的な名前がいいみたい。
アンジュとか。
そんなあたしでもテクニックというか、強みは持っているつもり。
たとえば、実年齢よりも若く見えると公表すればだいたい言い寄られちゃう。
会ってから、ほんとだねえって言われることが多い。

そんなあたしの恋というかエッチな体験は出会い系で仲良くなった、アラサーの既婚者だった。
同年代と違ってガツガツしていないところもよかった。
紳士的な雰囲気はさすが既婚者、日本がもし一夫多妻制であれば良いのになんてよく考えた。
彼が良くて、一晩中眠れずに、帰宅後に彼のことを思い出してベットの中で一人エッチをしてみたことも。

彼とのエッチが忘れられないんじゃないの、彼のことが忘れられなくて、恋しくて一人エッチしちゃう夜が多い。
これをしない日は夢で彼とエッチなことをしている夢を見ちゃうくらい。
でもこれはどうしようもない衝動だし、毎日でもしてた。
指をそこに入れてみて、あっ気持ちい。
少しだけ先端をあそこに入れて見ただけなのに気持ちいい。
指先に伝わる柔らかい感覚、これが私の中?
指先を動かしてみると、中に刺激が加わり気持ちいい。
彼の匂いを嗅ぎながら、夏は裸になってベットの上で指を入れてみる。
もっと快感が欲しい時には、クリの両側を指で刺激してゆくとじゅーと愛液が出てくる。
んん。。気持ちいい。
30分でも1時間でもこの快楽のために刺激を持続することができる。気持ちい。。
そうしたら今度は、もっと大胆激しい刺激が欲しくなってしまう。

あたしの秘密。ここまで快楽がエスカレートしたら、もういかないとしんどい。
だから1人の夜は彼のものをあそこに挟むようにして、外側からクリや粘膜に刺激を与えている。
タオルオナニーっていうわけ。。
これで結構最後までいけちゃう。
これを彼の前でもやって見たことがある。
もう、驚いて興奮してきて、途中から上からかぶさるように抱きついてきた。
そして、自分のものにコンドームをつけて挿入せずに射精したりしている。
バカだあって言いながら、彼はこれが一人マスターベーションだって。。
家でも一人でこうしてうつ伏せで一人エッチをしてるって。
女性におぶさるイメージがいいみたい。
こういう感じでエッチの相性がいい男とであうと、一人暮らしでも一人の夜でもだいたい楽しめちゃうし寂しくもないよ。"

ランキング
あなたにおすすめの記事