たまたま出会い系で知り合った彼に気に入られ...。

たまたま出会い系で知り合った彼に気に入られ...。

"出会い系アプリで知り合った同年代のヨシカズ。

住まいが隣県ということと、お互いのタイミングがなかなか合わなかったこともあり、初対面はやり取りを始めてから半月後くらいでした。

当時、私にはお付き合いしていた彼氏がいたのですが、様々な事情もあり関係性が壊れかけていました。

そんなこともあって、たまたま出会い系で知り合ったのが、ヨシカズでした。

彼は聞き上手で、私の悩みを『うんうん』と言って、包み込むようにいつも聞いてくれるような…そんな優しい人。

初めて会った時は、軽くご飯を食べて、手を繋ぐこともなくバイバイをしました。

その後も何度かラインをやり取りしていき、2度、3度…と、それまで通りにご飯やお酒を楽しんでいましたが、ある時に彼が、『今日は駅前のホテルをとったから、俺は泊まっていくけど、一緒に泊まろうか?
と、そんなことを言い出したのです。

私は突然の出来事に驚いてしまいましたが、『彼の優しさにもっと触れていたい…』と、そう感じたこともあったので、とりあえず泊まりはせず、軽く飲み直すような…そんなつもりで、ホテルの部屋に彼と入りました。

ヨシカズはお酒も入っていたせいか、話をしながら、私をふざけてベッドに倒しては…太ももをサワサワしてきたり、上着をまくりあげてきたり、はだけた胸を触ってきたり…と、徐々にエスカレート。

私は、『あれ?ヨシカズはこんなに積極的なの?』と、普段とのギャップに驚きながらも、どうしていいのやら…と、ちょっと困っていました。

すると、ヨシカズが部屋の明かりを消して、本格的にネットリと触ってきたのです。

太もも、お腹を優しいタッチで、そして胸を揉まれてディープキスをされて…

私は『い、いや…。やめて…ダ、ダメ…』と言いながら、はじめは抵抗していましたが、だんだんヨシカズの本気スイッチが入ってきてしまったようで…

脱がされて、キスをされて、仰向けにされ、私のソコに指を入れてくる。

いやらしい音を立てはじめる私のソコ…『ジュプッ、ジュプッ…』いつの間にか私は『あん…、あ、あっ…』と、あえぎ声が止まらなくなっていました。

恥ずかしさと、そしてそんな淫らな自分に…なんだか興奮してきてしまっていました。

そんな私を見て、ヨシカズが我慢しきれずに…私のナカに入ってきました。

彼はよがり声をあげ…私のナカに入れながら、激しいキスを。

彼に合わせて私も腰を振り…そして、彼は一気にラストを迎えました。

また近いうち、あのホテルでヨシカズと甘く熱い夜を過ごしたいです。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事