イベント会場で盛り上がって、そのままエッチしてしまったエッチな体験談。

ある海外の人気DJアーティストのライブが都内のとあるクラブで開催されるというので、行きたかった俺は友達を誘ってみた。

しかし、誰に聞いても予定が合わずに、一緒に行く相手がいない。

そもそも社会人となった俺らは、学生時代のような勢いで夜通し遊び歩くというのも少なくなっていた。

しかし、どうしてもこのチャンスを見逃したくないと思い、ふとツイッターで、このアーティストのイベントのハッシュタグを検索をしてみた。

楽しみにしているというツイートばかりが目立つ中、一人だけ俺と同じく、行く相手がいないというツイートを見つけた。

相手は女性だが、フォローしてみた。するとすぐに相手からのフォロー返しがきた。

悪い感じがしなかったので、ダイレクトメッセージを送ってみると、返信が返ってきた。

やはり彼女もこのイベントに行きたかったらしいのだが、一緒に行く相手がいなかったから困っていたという。

同じ趣味で同年代ということもあり、一緒に行く約束をした。

イベント当日、駅前の待ち合わせ場所は週末の夕方ということもあり多くの人でごった返していた。

キョロキョロ辺りを見回すと、すぐに目が合った女性がいた。

季節が夏ということもあり、少し日焼けした肌に胸元を大きく開けた細身の女性だ。

彼女がニコっとすると、待ち合わせの女性がこの人だと確信した。

想像以上に綺麗な顔立ちで、スタイルバツグン。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事