デートもキスもセックスもした事ない19歳に中出しした話

海遊館を出て、車に戻り、僕は言う。

それじゃ、帰ろっか

え……?

悲しそうな顔をする優花ちゃん。

あの……今日は私、もうちょっと時間あるし……。もっと一緒にいたいなって……

心の中で、僕は思った。

――落ちたな。

僕は優花ちゃんを自分の部屋に連れ込むと、すぐにソファに押し倒す。

顔を近づけても、背ける様子はない。

優花ちゃんの唇は柔らかく、すこし震えているようだった。

19年間誰にも触れられていない唇を、僕が奪ってやった。

んっ……あ……

下着に手を伸ばす。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事