女子大なんて、入学後後悔した。

正直選ぶんじゃなかったかも…そう思えてならない…理由は、キャンパスに男子が一切いないから。。

そんな当たり前の環境にさえ不満を抱えこむようになっていた。

大学の外で出会いを求めればいいんじゃあ…という思いから、大学の外へ。

アルバイトに励む学生が多いけれど、あたしは、バイト生活よりも出会い系で男をナンパしていた。。。

女子大生、現役、このキーワードで男はよってきたし、若い男も結構いた。

その中で適当に選んであうと、案外ビジュアル面で好みじゃない人と話があったり。。

そんなふうにしながら、絞っていった。

ビジュアル度外視であった人とは、何度もデートを重ね、ついにホテルへ。

男性の方はそれほどやる気でもなかったところを私が誘って。。

どんなふうにエッチするんだろう。

男性と出会うと必ず考えてしまうこと。。

彼のおちんちんを私のフェラテクで大きくしてあげた

彼の場合では堅物っぽいから、ただ挿入するだけで、あとは激しいピストン運動を繰り返してゆく…そんな感じだろうな…と。

ピストン運動もゆっくりかも。。

シャワーにお着替えにと、エッチの前のわずかな時間にここまで考えていた。

エッチ…したい…

カタブツな彼は、女が脱いでも、催促を施してみても脱がず。。

えー、あたしって魅力ないのかなあ。。

と感じ出した。

えーい、自分からズボンに手をかけてしまおう…

そう思いながら、ズボンに手をかけた…

そして、ズボンを下ろして、彼のものとご対面することに…

それはまだ反応する前の状態、、

えー。。あたしのフェラで絶対に立たせて見せるわ。。

カタブツくんのものを元気な状態に変えるためにと、口に手にした。

やだ。。。あたしが想像上で思っているよりも、彼は随分と大きい…な…

随分と大きめのものを手でサスサスしてあげると、それは大きく膨らんだ。

チラ見で彼の表情をみてみると、やっぱりまだまだ…表情も硬かった…

今度は口を開けて、パクリとそれを口にした。

すると、そのペニスは大きく膨らんでゆき、ついには濡れ出した。

やったわ…濡れた…

あたしのフェラテクニックでここまで変わってくれたことに、嬉しくて、ついいっぱいフェラしてしまった…

実は、、、男性へのフェラはあまりしたことないけれど。。

でもここまできても、 まだ反応してくれないって女として悲しいし、ホテルで裸になっても立たない男じゃ、フェラもやるっきゃないっていう気持ちになるよね。。

そういう状況下でのエッチは若いからこそできるのかもしれない…

あなたにおすすめの記事