29歳の処女の女性が出会い系で初体験をした話。

気づけばもうすぐ29歳。

30歳までに残り1年しかない。

自然と誰かと付き合って、結婚するだろうという自分の予想は外れて、このままではいけないと思い出会い系サイトに登録。

他のサイトも正直色々登録した。

まず出会い系初心者だった私は、ネットでどんなサイトがいいのか?

サクラの比率はどうなのか?と

変な事件に巻き込まれるのが怖かったからだ。

最初は出会い系なんて……と思っている自分がいた。

だが、職場の同僚に聞いてみると、彼氏と出逢ったのはSNSや出会い系という意見のほうが多かった。

この時、自分野中での出会い系の価値観が変わった。

不思議なもので、出会い系サイトによって連絡をくれる年代層が全然違った。

父親と同い年の人もいれば、私と同世代、年下の人と連絡した。お互い顔写真を交換し、連絡を取り合っていると一人だけ会いたいと思える人がいた。

翔さん。私より1個下の会社員でIT関係という。どこまでが本当はわからなかったけど、連絡のやり取りがとても心地よかった。

待ち合わせ場所は北新地。初めて会う翔さんは、清潔感よりちょっとチャラい雰囲気はあった。

でも、今までの翔さんを信じた。

そのまま居酒屋で食事をした。緊張していた私は仕事の話ばかりしてしまった……。

帰り際、「一緒にいたい。あかんかな?」と言われ、怖いという気持ちより、頷いた後どうなるかが知りたい気持ちの方が強かった。

ラブホテルに初めて入った。

翔さんは、慣れた様子で手続きをしていった。

私は、慣れない様子に「初めて?」と少し苦笑された。

そうなんです

今まで……そっか、いないって言っていたもんね

と私が処女であることを馬鹿にはしなかった。

部屋に入ったら、急に抱きしめられた。

急なことに硬直してしまった私に「ごめん。でも可愛いなって思って……」そう言われると、そのまま唇が重なった。

自然と受け入れている自分がいた。

次ページへ続きます

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事