ママに禁止されていること、不良との付き合い。

友達は選びなさい。と強く言われている。

もうすでに27歳という大人の年齢に達した。

というのに、まだママからの躾はあたしにつきまとう。

アルバイトもこなし、もうすでに初体験もすぎているのに…

あたしって、ちょっと遅れてる女?

同世代の子にはすでに彼氏がいて、結婚云々という情報もあるのに…

そう…あたしも彼氏欲しいな。

別にほしくないのであればいいけれど…

あたしは欲しいと思うから、今のフリーが惨めで…

同世代に遅れを取らないためにも、なんとしても彼氏が欲しい。

作らないと!そういう意気込み。

出会い系なら確実に時間を有効活用できちゃう…

そう思いながら、時間の有効活用を…

ピピピッ出会い系サイトで遊ぶ、まどか。

27歳なのにママが厳しくて…その反動で彼氏がほしくて…

仕事先であっても、時間さえあればピピピッとしてしまう。

あっいけない、時間だわ。着替えないと!

職場は華やかにみえるタレント事務所。

仕事はというと、イベントの司会であったりマルチにこなしていた。

出会いはというと、全く声がかからず…

女子との出会いは多いのに。だからピピピッ。

もう誰でもいいかなあ、自暴自棄になっていきそうな頃でした。

そんな時に男とデートへ。

彼の職業は聞いたけれど。

公表できないかも…

都心部の駅周辺にいそうな男で、スーツの着こなしはちょいダサ。

そうして、そのスーツ姿を見ながら、普通だなと思った。

わたしだけの王子様なんているわけないし。

彼の後にシャワーを使用すると、なんとも言えぬ男の匂い。

この不潔な匂いは昔銭湯の男風呂で嗅いだことのある匂いだ。

ちょいくさいかも…

女性の匂いとは全く別物…

あたしってこういう男性苦手かも。

いかにも男性という匂い、見た目が苦手と気がついたものの、時すでに遅しで…

はあ…バスタオルが取れて裸体が現になると、我が身のボディをひとめに晒してしまった。

ぷるんとしたお椀型のおっぱい。

加えて、丸みを尾びたヒップ。

そして、細い手首足首と。

スタイルの良さよりも女っぽい体つきと艶のあるボディ。

彼は目を丸くして裸体を凝視してきた。

そうして男の筋肉質なからだに抱かれてゆき、ついに…

自分が女であるという感覚、意識を取り戻していくことに…なった…

あたし女だったのね…というふうに自覚してしまうほどに…

エロくなった体を正反対の体付きである男が抱きしめた

…はあ…いよいよ今夜あたし男にこの体を捧げるのね…

と思うとなんとも言えない気持ちになっていく…

あなたにおすすめの記事