単身赴任先で知り合った男が出会い系で遊んでいて進められたので出来心で同年代の女性と知り合った。

映画だけのつもりが女性の方からホテルに誘ってきた。

妻と比べると、とてもいい体ではなかったが抱いた後、物足りないのか自分の手をアソコに入れ始めた。

1人で感じている彼女のエロいオナニー姿を見せられたので思わず写真を取りたい衝動にかられて彼女に頼んでみると・・・

単身赴任先で遊んだ女にホテルに誘われ、エロいオナニー姿を見せられたので・・・

長い単身赴任。

単身赴任先では博打しかしていない。

男としては誘われることもあるが、ことわっていた。

その理由は、妻のことを考えたら、慎むべきだなと。

何十年という単身生活で、故郷には子供がいる。

30代のある日の出来事、出張先で知り合った男が出会い系で遊んでいた。

自分も勧められたとき、出来心で遊んでみたところ、同年代の女性と知り合うことに。

そしてその女性ととに映画館へ、それだけのつもりが女性の方から誘ってくるものだから、つい。。

近くのホテルへと入った。

ちょっと、小太りの体系の女性、俺よりもずっと図太そうで、丈夫そうな体を持っている。

茶色いワンピースを脱がせてみると、肉団子のような体が。。

妻と比べてしまった。

彼女の手を握ると、まるで幼女のように幼い手ではあるけれど…そうして幼女のように幼いその手に触れてから、彼女の体をだいた。

男社会で生きている俺には、女性に対するエスコートなどできるはずもなく…

それでも女性の方は慣れているのか、怪訝な表情を1つも見せずにいる。

何を考えているのかさえ読めない年頃の30歳代。ベットに横になり、だいた。

20分ほどして、女のほうがまだ足りないのか、まだまだ足りない、足りないという様子で、自分の手をあそこへと当てがう。

ヘアカットしているのか、それともしていないのかわからないくらいのヘア。

好みではあるものの…ベットのシーツに滴る何か。。

1人で感じて1人で濡らしたものが落ちていた

俺はそこまでエロくはないつもり。。

でも、エロくはないのにその体をみていると思わず…。

女のあわらになる秘部に目を向け、近寄る。

女の匂い、それは性臭とまではいかない匂い。

その香りにそそられてのぞきみてしまう。自分の指先を差し入れさせていく。

その光景はまさに初めて見るようなエロさ。

はああ。

ただ小さな吐息を吐きながら感じていた。

表情は曇りがち、そして曇った表情で首をのけぞらせている。

カエルのような格好で、両脚を開きながら。。

写真におさめたいという強い衝動にかられてしまい、彼女に尋ねてみることに。

当然ながら、ダメだという。

ダメよと。

だって、ばらまかれたら、困るから

そんなことはしないよ

絶対ダメよ

写真撮影くらいで押し問答を繰り返した。

時間を費やしながら。。

結局、じゃあ指を入れてみたい、それで妥協できた。

指を入れると、そこはまさに泉だった。

泉が湧き出るが水ではなくお湯だ。

冷たい手を入れるとまさに天国のような感触だ。

此処一番よかったのは女の1人演技をみたこと。

人生で良い思い出だ。

あなたにおすすめの記事