私は出会い系サイトで知り合ったまもる君に会うために木造建ての家を訪れた。

まもる君はみかんが大好きらしく、みかんの皮を乳房に擦り付けてしゃぶりつきたい願望があるらしい。

周りの女性にお願いするも断られたらしく、そのプレイをさせてくれる女性を求めてイククルに登録したらしい。

私はエッチなことに興味があり、セックスという行為を体験したくてイククルに登録した。

誰かいい感じの男性はいないかと物色したところ、プロフィールにみかんの皮を乳房に擦り付けてもいい女性募集してますと記載していたまもる君に興味を惹かれてメッセージを送ったのだ。

そうして何度かメッセージを交わしていると、まもる君からみかんの皮を乳房に擦り付けていいかとメッセージが来た。

もちろん私はすぐにいいよと返信し、家を教えてもらって訪ねることになったのだ。

私は緊張を解こうと深呼吸してから、インターホンを鳴らした。すぐにドアが開き、可愛らしい感じの男性が出てきた。

えっと、まもる君?

そうだよ

可愛いね

そんなことないと思うけど。まあいいや。さあ、中に入って

うん、お邪魔します

私はそう言ってから家の中に入った。

リビングに入ると、私とまもる君は服を脱いで全裸になった。

それからまもる君はダンボール箱からみかんを取り出し、皮を剥き始めた。

それじゃ、擦り付けるよ

まもる君はみかんの皮を私の乳房に擦り付け始めた。

瞬く間に乳房が黄ばみ、まもる君は嬉しそうにしゃぶりついてきた。

まもる君の荒い鼻息が乳房に当たり、生温かった。
ただセックスしたいだけ、だったのに。。。
パイズリして欲しいな

私は頷くと、涎でベトベトの乳房でペニスを挟み込んでパイズリを始めた。

まもる君はパイズリされながら、さらにみかんの皮を乳房に擦り付けてくる。

乳房はより黄ばみ、微かにみかんの匂いもした。

私はパイズリしながら、谷間から出ている亀頭をペロペロと舐めていく。

もう出る!

まもる君は叫びながら、射精した。大量の精液が顔や乳房にかかった。

ふふっ、いっぱい

私は唇に付着した精液をペロリと舐め取った。

私は四つん這いの体勢になると、お尻をまもる君の方に向けた。

それじゃ、挿れるよ

まもる君はそう言いながら、ペニスをアナルに挿入してきた。

それからゆっくりと腰を動かし、ペニスでアナルを突いてくる。

私はテンポよくアナルを突かれながら、首だけを動かして後ろを向いた。

まもる君が右手にみかんの皮を持っているのが見えた。

私と目が合うと、まもる君は笑みを浮かべ、みかんの皮をお尻に擦り付けてきた。

力強くみかんの皮を擦り付けられて気持ちよかった。

まもる君は徐々に腰の動きを速くし、抉るかのように、ペニスでアナルの奥を突いてくる。

うっ、出る!

まもる君はアナルにたっぷりと精液を注ぎ込んできた。

めっちゃ気持ちよかったよ

まもる君は満足そうな笑みを浮かべ、黄ばんだお尻を舐め回した。

あなたにおすすめの記事