イキまくるナオコ

ミニスカートから見えたピンクの豹柄のパンティがたまらなくエロく、股間に顔を埋めると「私もシャワー浴びてないよ」と言うので「俺も、女の濃いマンコの匂い好きだから」と言って鼻先をナオコの股間にグリグリ押し付けた。

見せてもらうよ」とショーツを下ろすと、手入れのされたアンダーヘアーが姿を現した。

クリを舐めながら、指を入れると中はビチョビチョに濡れていた。

舐めるの、上手」と言われたのでクンニで逝かせてやろうと思い、クリやビラビラを吸いながら執拗に舐め続けると「あ、逝っちゃう」と言って、ガクガクと痙攣して逝ってしまった。

もっと指マンで責めたかったのだが「もう欲しい」と言うのでゴムを付けて正常位で挿入した。

ゆっくりピストンしながら、紫色のニットをたくし上げるとパンティーとお揃いのヒョウ柄のブラが姿を現した。

胸は小ぶりだったが、ブラをずらすと乳首が硬くなっていた。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事