出会い系サイトで知り合った露出狂の女性と野外セックスした

趣味は全裸で散歩。

出会い系サイトで知り合った露出狂の女性と野外セックスした

"俺は出会い系サイトで知り合ったかなえちゃんに会うために人気のない森林を訪れた。

かなえちゃんは露出狂らしく、深夜に全裸で散歩するのが日課のようだった。

いつ誰に見つかるかわからないハラハラ感がたまらないらしく、毎日のように興奮しているらしい。

全裸で散歩するうちにセックスしたくなってJメールに登録したようだった。

俺は野外セックスにかねてから興味があり、それを実行したくてJメールに登録した。

趣味は全裸で散歩とプロフィールに記載していたかなえちゃんに興味を持ち、メッセージを送り、やりとりを交わすようになったのだ。

そうして何度かやりとりを交わしていると、かなえちゃんから野外セックスしてみないとメッセージが来た。

ついに野外セックスができると興奮した俺はすぐに了承し、森林で待ち合わせることになったのだ。

森林の中を進んでいくと、全裸で木にもたれかかる女性を見つけた。

「かなえちゃんだね」

「そうだよ。へへ、全裸でここまで来ちゃった」

かなえちゃんは可愛らしく微笑んだ。深夜ならまだしも、昼間なのによく見つからなかったものだ。

もしかしたら人気がなかったからかもしれない。

「それじゃ、セックスしようか」

「そうだね」

俺は笑みを浮かべて頷いた。

俺は服を脱いで全裸になると、地面に仰向けに寝転がったかなえちゃんの顔に跨り、口の中にペニスを押し込んだ。

かなえちゃんの口内は温かくて気持ちよかった。

地面に両手を突くと、俺はゆっくりと腰を上下に動かした。

徐々に勢いをつけて腰を動かし、ペニスで何度も喉ちんこを突いた。

ペニスを口から抜くと、かなえちゃんは嘔吐した。

吐瀉物はかなえちゃんの顎を汚し、首や髪の毛に落ちた。

何度も喉ちんこを突いたから気持ち悪くなったのだろう。

俺は吐瀉物をペニスに塗ると、もう一度かなえちゃんの口内に突っ込んだ。

かなえちゃんは亀頭や陰茎を念入りに舐めて刺激する。

「もう出る!」

俺はかなえちゃんの口の中にたっぷりと精液を出した。

「ごくん、いっぱい出たね」

かなえちゃんは体を起こして精液を飲み込んだ。

かなえちゃんは四つん這いの体勢になると、可愛らしいお尻をこちらに向けた。

かなえちゃんの腰を掴むと、ペニスをオマンコに挿入した。

「それじゃ、動くね」

「うん、激しくしてくれていいからね」

俺は頷くと、激しくピストン運動を繰り返した。

ピストン運動を繰り返しながら、俺は地面の土を鷲掴みにし、かなえちゃんの乳房に塗り混んだ。

「んっ、気持ちいい!」

かなえちゃんのあえぎ声を聞きながら、体中に土を塗り込んでいく。

かなえちゃんのオマンコはぐちょぐちょに濡れていた。

「中に出すよ!」

俺は叫ぶと同時にかなえちゃんのオマンコに大量の精液を出した。

「セックス気持ちよかった」

かなえちゃんは笑うと、オマンコから垂れ流れた精液を美味そうに舐めた。"

あなたにおすすめの記事