地方に住んでいる女の子とセックスしたエッチな体験談。

昔はテレクラや伝言ダイヤルにハマるほどの女好きなんだけど、その時から実感しているのは『エロいことは地方の女のコの方が過激で大胆』だということ。

仕事の都合であちこち出張に行くんだけど、単純に田舎に行けば行くほどその手のエロ系のお店は少ない。

ソープとかヘルスなんてお店が全く無い地域だってある。

そういう所に住む男は発散の場が無いから目に付いた女に片っ端からアプローチをかけるし、女の方もそういう環境で育つからそれが当たり前という認識。

だから性的な事で言えば地方の女のコの方がヤバくなりやすいというのが持論。

ネットが普及して出会い系が盛んになると、無類の女好きである俺も早速ハマった。

いつでもどこでもアクセスできるのは便利だし、女のコと接触できる機会が格段に増えたのはありがたい。

テレクラとかを利用していた昔は空振りが多くて、特に出張で地方に行った時はその傾向が顕著だった。

だからこそ上手くマッチングできた時は喜びもひとしおで、町はずれのモーテル(都会の気取ったラブホとはまったく違う、キャンプ場のコテージを並べたような作り)に連れ込んでドッキングしまくったものだ。

しかし出会える確率が飛躍的に上がったのは素直に喜ばしい。

それでも地域性というのは変わらないもので、コンタクトが容易になったことが却って都会への渇望を掻き立てているのかもしれない。

モニターの向こうではイケメンが遊び感覚で女漁りをしているのに、自分は土臭い田舎でくすぶっている。

そんな感情をふつふつと煮立たせているのか、俺が出会い系で知り合った地方の女のコは好き者とかスケベとかいう言い回しでは足りないほどにがっついていた。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事