寒そうにしているので僕のミニバンに乗せてやった。

寒そうにしているので僕のミニバンに乗せてやった。

"とても寒い一日だった、出会い系で知り合った子とデートだというのに
それでも彼女は待ち合わせ場所に走ってやってきた

タエちゃんは女子大生、小柄でロリっぽい
コートを着てるのに寒そうにしているので僕のバンに乗せてやった

エアコンをきかせてあったかいがタエちゃんの身体は冷え切っている
僕はコートの上からゴシゴシ手の平でこすった

あたたまってきたかな、タエちゃん様子がおかしい
息を荒くしながらうるんだ目でこっちを見ている

どうしたの?」「・・うぅん」首をふってるがおかしい
わかった、つづけてほしいのかな?「・・・うん」そうかそうか

今度はやらしく身体をゴシゴシ「はぁっあっあぁっ」可愛い声が漏れてくる
おっ雪が降ってきた、めんどくさいなぁ

人通りのない広い駐車場の奥へバンを止めた
よしっ後ろでやっちゃおう、物をどかしてシーツを敷いた

タエちゃんを裸にしてさらにゴシゴシ「あぁーっあっあっあっ
強くされるのに弱いの?」「・・・経験すくないから

あえて強めに乳首を責めると「きゃぁっやぁっあぁっあぁーっ」と叫んだ
効き目バツグン、乳首がコリコリしてる

じゃあこの指でグチャグチャしちゃうぞ」「いやぁいやっいや
太い指でタエちゃんのマ〇コの中をほじくりまわした

きゃあぁぁっいやぁっやぁっやぁーーっ」遠慮のない大きな声
そして遠慮のない大股開きで足をのばしたまま僕の指で感じていた

チ〇コを握り「じゃあいれちゃうよ」「・・・もうなんでもいいです
ロリ女子大生のマ〇コにズボッ、彼女は大口をあけてのけぞった

あはぁぁーーっあぁっあぁっやぁっすごいぃっあーっあぁーーっ
中はギッチギチ、こりゃキツそうだ、僕は容赦なく中をえぐった

んぎゅぅっうあぁっ」タエちゃんはブリッジしたままいってしまいました
はぁはぁ、すごすぎるよぉ」今までで一番激しかったようだ

外は吹雪、「うわー」と窓から眺めてる彼女のお尻は可愛く背中がきれい
まだ出してない僕が腰をつかんで引きつける

えっ?」ズボッ「きゃぁぅっ」一気に奥までぶっ刺した
やぁっこのかっこういやあぁっ」バックは初めてだったのかな

力強く引き抜いては奥へ引き抜いては奥へとやってるとのけぞって感じはじめる
きもちいい?」「うぅっうんっこれすごいっきゃあぁぁっ」

ぱんぱんぱんぱんっ「きゃあっいやぁっあはっあはっあはははっあはっあはははっ
テンション上がってきたようなので奥の奥へ押し込みつつ小刻みに出し入れした

んきゃあぁぁーーっいやぁっこれいやぁっあぁっあぁっすごいすごいすごいっ
はまったみたいだな「僕の女になる?」「えぇっ?うぅん

ぐりぐりっ「い<っぱいこんなことしてやるから」「あーんわかんないよぉっ
ぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんっ「きゃあぁっなるなるなるなるっ

いけぇっ」「いくぅっふぐぅっ」何度も背中をしならせていっちゃいました
しゃぶらせると初めてだと躊躇しつつゆっくり口にふくんだ

舌をつかわせると「でるっ」「んんっ」タエちゃんのお口の中にどっぴゅん
きもちよかったよ、飲んで」ボクの腕の中でゴクリと音をさせて精飲した"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事