女の子があっさりと受け入れてくれたので逆に戸惑ってはいたが...。

女の子があっさりと受け入れてくれたので逆に戸惑ってはいたが...。

私は昔からナンパを良く街でしていたのですが、その時に知り合って遊んだ女の子の一人に物凄くエッチな子がいました。

その子とは最初はいつも通り普通にナンパしようと声をかけたのですが、あっさりと付いてきたのでした。

また、時間が遅いと言うこともあったのか私は車でしたので車に乗せたのでした。

すると、しばらくしてその女の子が突然私に『何処にこれから行こうとしてるの』っと聞いてきたので、勿論私は常談半分で『じゃあ、ちょっとホテルにでも行く?』っと聞いたのでした。

すると、あっさりとOKしてくれたので私はそのまま近くのホテルへと向かったのでした。

すると、そのホテルに付くまでに私はまだ距離があったので、更に常談半分で『じゃあ、それまで少し俺のを嘗めてくれない』っと言ったのです。

すると、また驚いたことにあっさりと私のズボンのチャックを開け始め、そしてお口でくわえてくれたのでした。

私はお恥ずかしながら自分で言っておきながら、あまりにもこの女の子があっさりとすべてを受け入れてくれるので逆に少し戸惑ってはいたのです。

しかし、そんな私だったのですがその間にも女の子は私のぺニスを貪るようにくわえていてくれたのでした。

私は車のハンドルを持ちながらも、空いている片手でその女の子の頭を少し押さえつけていたのでした。

もっと奥までくわえてね』っと言わんばかりにくわえさしたのでした。

そして、ようやくホテルについた頃にはもう私はペニスがフル勃起していたのです。

そして、ホテルに入り部屋に入ると早速シャワーを浴びに行ったのでした。

そして、上がるや否や女の子と交代して私はベッドで女の子を待っていたのです。

すると、女の子もシャワーから出てきてベッドに入ってきたのです。

電気を消し早速続きを始めることにしたのでした。

すると、もうその女の子も少しオマンコを触っただけでグチョグチョに濡れていたのです。

そして、私はシックスナインを要求し、その濡れたオマンコをまずは口で頂くことにしたのです。

オマンコ汁が私の口にベチョベチョにつきながらもまずは口で頂いたのです。

そして、私もまた自らのベニスを気持ち良く口でして貰ったので、そろそろ入れたくなってきたので上になり挿入したのでした。

すると、女の子も飢えていたのか物凄く感じ始めたのです。

私もまた大夫たまっていたのでがまん汁が止まらなくなっていたのでした。

そして、最後は生でやらしてくれていたので思いっきり顔に出させて貰ったのでした。

すると、私の精液が女の子の顔にぐっちょりと付いていたので私は更にお掃除フェラも強要したのです。

すると、それもまた抵抗することなく最後までお口で搾り取ってくれたのです。

本当に最高の都合のいい女の子でした。

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事