これまでは全て自分から女性にアプローチしてきた。

これまでは全て自分から女性にアプローチしてきた。

"ハッピーメールに登録をしてから1年近くが経とうとしています。

今までに何人かの女性と会うことができ、エッチまで進んだということも結構ありました。

これまでは全て自分から女性にアプローチした相手ばかり。

ところが先日初めて25歳の女性からアプローチがあったのです。

こんなことがあるとは思っていませんでした。

最初は『嘘でしょ?』とは思いましたが、とりあえず連絡をしてみることにした私。

するとすぐに女性から返信あり。

やり取りを進めると私の写メに一目惚れしたと言うのです。

私も相手の顔が気になり、写メを送ってもらいました。

とびきり美人とはいきませんでしたが、まぁまぁかなといったレベルの女性。

しばらくメールやLINEでのやり取りを続けてみることにしました。

やり取りが始まって1週間ほど経った頃、「会って欲しい」と毎日言われる状態に。

あまりのしつこさに負けた私は、彼女と東京駅で待ち合わせをしました。

何と彼女は静岡から東京在住の私に会う為、わざわざやって来てくれると言うのです。

迎えた当日。

待ち合わせ場所へと向かうとすでに彼女の姿。

私を見つけると嬉しそうに大きく手を振っていました。

彼女の名前は裕美。

写メで見た姿よりも可愛かったです。

笑顔がとても素敵だなとも思いました。

彼女は一目惚れしたと言う私の顔を見てニヤけています。

ちょっと照れ臭く感じてしまいました。

裕美はとても積極的。

会ってすぐに「手を繋いでいい?」と聞いてきたんです。

そしてそのままお台場でデートをしました。

初めてのお台場だと言う裕美はとても楽しそう。

裕美がどうしても「乗りたい」とリクエストしてきたのが観覧車。

観覧車に乗ると「キスしたい…」と言って目を閉じる裕美。

積極的過ぎる彼女にちょっと驚きつつも、私は強く抱きしめながらキスをしてあげました。

キスをしてしまうとやっぱり興奮するもの。

初デートは簡単に済ますはずだったのですが、体は正直でムラムラしてきちゃっていました。

そんな私の心を見透かす様に、「ホテルに行かない?」と誘う裕美。

もちろん快諾したのは言うまでもありません。

お台場から新橋へと移動しラブホにチェックイン。

部屋に入ると裕美が抱きついてきて濃厚なキスの嵐。

ちょっと引いてしまうほどのキスだった気がします。

更に裕美はシャワーも一緒に浴びようと提案。

ニコニコしながらチンコを握って丁寧に洗ってくれました。

浴室から出るとベッドに押し倒してくる裕美。

チンコを咥えフェラをさっさとスタートさせてしまいました。

そんな裕美のフェラは思っていた以上に気持ち良かったんです。

思わず「気持ちいい~」と声を漏らしてしまったほどでした。

その後は私も裕美をクンニしてあげ、「気持ち良すぎる~」と喘ぎまくる裕美。

もう挿れてください…」と熱願してきました。

裕美は脚を大きく開いて受け入れ準備を整えます。

そんな姿を見た私はゴムを着けると、一気に裕美の膣へ突き刺していきました。

嬉しい」「気持ちいい」「イッちゃう!」と喘ぎ叫び続ける裕美。

火照った顔がとてもエロくて良かったです。

そうして10分もしないで私は裕美の中で果てたわけですが、まさかその後朝までエッチをすることになろうとは…。

終電がなくなるまでエッチを楽しんだこともあり、裕美は帰ることができなくなってしまったんですね。

結局一緒に宿泊することになり、朝まで眠らせてもらえませんでした。

裕美が何回私の上に跨って腰を振っていたか分かりません。

精液も最後にはとうとう出なくなってしまいました…。

裕美は別れ際に今後も「会いに行くから」と言っていたんです。

ちょっとばかり積極的過ぎる裕美に、今後付いていけるか考えてしまいました。

でも出会い系での女性からのアプローチは素直に嬉しかったです。

簡単にエッチまで出来る相手と巡り合わせてくれたハッピーメールに感謝しています。"

あなたにおすすめの記事