中学生の子供がいるシングルマザーの女性と会って数十分でエッチしたエッチな体験談。

ある夏の夜、俺は出会い系で女性と知り合った。

名前はミホさん。

年齢は20代後半。

ミホさんは俺よりも年上で、中学生の娘もいるようだ。夫とは離婚したらしくシングルマザーらしい。

写真を見たら、スポーティーなお姉さんって感じの見た目。

毎日疲れている自分とは真逆の「人生を楽しんでいる人」って感じ。

髪は茶髪のセミロング。

肌は白くて太ももはムッチリしてる。

スタイルは良い。

顔は美人ってほどじゃないけど、エロい雰囲気がする。

俺は一人暮らしだから、家に遊びに来ないか誘ってみた。

遊びというよりエッチなことしか頭になかったけど。

ミホさんは来てくれることになった。

土曜日の夜、初めてミホさんと会った。

はじめまして〜

ミホさんは少し照れ臭そうに挨拶してくれた。

俺も恥ずかしながら挨拶して、彼女を家に入れた。

俺の家は家具がほとんどなくて生活感がない。

あるのは、ベッドと小さい机だけ。

ベッドで寝転びながらテレビ観よう

俺はさっそくベッドに来るよう誘ってみた。

ミホさんも多分わかっていたと思う。

俺がエッチなことをしたいってこと。

いいよ・・

ミホさんは横になってくれた。

俺は電気を消して、テレビだけが光ってる。

俺はテレビを見てる彼女の後ろから、彼女の胸に手を置いた。

ゆっくり優しく彼女の呼吸に合わせて胸を揉んだ。

んっ・・・

ミホさんからエロい声が漏れてくる。

おれはもう耐えきれなくなって、ムチムチした彼女の太ももも触りだした。

そこから徐々に彼女の股間へ・・・。

んっ・・・んっ・・・

彼女からエロい声が出る。エロくてたまらない。

俺は彼女の顔を掴んで無理やりキスをした。

優しいキスなんかじゃなくて、欲望を剥き出しにした激しいキス。

一方的に自分の欲望を彼女にぶつけた。

彼女もそれに応えた。

彼女の舌が俺の舌と絡み合う。

優しさも愛情もない俺のキスを彼女は受け入れてくれた。

良い匂いがする。

風呂上がりのシャンプーの香りか分からないけど、女の子の匂い。

それがさらに自分を興奮させる。

Tシャツの上から揉んでいた彼女の胸をさらに激しく揉み、キスももっと激しくした。

俺の膝で彼女の股間を刺激しながら、彼女の服を脱がし、ブラも外し、彼女の乳首を舐めた。

その勢いで彼女のズボンも脱がし、パンツも脱がした。

彼女のパンツはびしょ濡れだった。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事