「ヤリマン」かと思ったら実際は違うことに気づいた。

「ヤリマン」かと思ったら実際は違うことに気づいた。

"私はよく出会い系を利用します。

出会い系というといわゆる「ヤリマン」が多いように思うかもしれませんが、実際は違います。

真面目な学生時代を過ごしてきてバージン喪失できず悶々としている、いわゆるメガネ系が私の好みです。

この手の子は確かに地味ですが、脱がせるとエロい体をしていたり、メガネを外すと可愛らしかったり、素材の良さを活かせていない子が多いんです。

先日であったのは、Eカップの30歳女教師。学生時代からずっと真面目で、彼氏が出来ず、教師になってからは忙しくてあっという間に過ぎていく毎日。気が付けば30歳を迎えてしまったそうです。

喫茶店で少し話してから、すぐにホテルへ。このあたりのスピード感が出会い系の魅力です。

お互いの目的が一致しているから話が早いのです。

バージンだけあってどうしらいいか分からないようでモジモジしています。

シャワーを浴びさせてから、マッサージをしようと言って、体に触り始めました。

手、足など局部に遠いところから、局部に向かってタッチを進めていくと彼女の顔が赤らんできます。

恥ずかしくなってきたのか、バスタオルで顔を隠し始めました。

マッサージ調だったタッチも、局部に近づくにつれて触るか触らないかのフェザータッチに切り替えて、ブラジャーとパンティの淵をなぞりました。

ブラもパンティもブラック。

見た目とは裏腹な際どい下着がエロさを掻き立てます。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事