そんな時、また私はいつものようにその女性と会うことにしたのでした。

そして、とりあえずはムラムラしたチンポを差し出し女性の口もとへと持って行ったのです。

すると、いつものように気持ちのよいフェラチオが始まったのです。

その日は私はだいぶ精神的な疲れや肉体的な疲れも重なっていたため、いつも以上にフェラチオが気持ち良く感じたのでした。

そんなことを全くと知らない女性はただただ私のチンポをしゃぶっていたのでした。

ですので、私もまたいつも以上に我慢汁も多くて、行く前に大量の我慢汁が女性の口からはみ出ていたのでした。

女性はそんなことも気にならないかのようにしゃぶり続けていました。

そして、私はそろそろ出したくなってきたのでいつものごとく女性の顔を押さえつけて発射準備と体勢を整えたのでした。

腰を突きだし頭を押さえつけて私が腰を振っていってのでした。

そして、いよいよ行く瞬間に女性が私のチンポを加え損ねたのでした。

そして、そのまま私は発射した為、女性の顔に思いっきり精液がかかったのです。

私はどさくさ紛れにその女性の顔で最後の一滴まで絞り出したのでした。

すると、女性も驚きながらも私のチンポを再びしゃぶりはじめ、お掃除フェラをしてくれたのでした。

そして、それからはこのことを機に時折顔射するようにもなったのです。

とにかく、この女性はフェラチオは勿論のこと、最後は顔でも口でも発射するところは厭わなかったのでした。

ランキング
あなたにおすすめの記事