個室で何を期待しているのかは分かり切った態度でしたが、ラブホと言えないあたりが、幼く感じました。

カラオケボックスに入ると、隣に座って脚をくっつけてきます。

私が頭を撫でているとじっと見つめてきました。

明日香『何?

タクマ『甘えたい・・・

明日香『いいよ

彼は私にハグをして胸に顔をつけきました。

しばらく頭を撫でて、彼のおでこにキスをすると、彼は顔をあげて口にキスをしてきます。

私から舌を入れると絡ませてきました。

少し緊張しながらも、エッチは初めてじゃないようで、慣れた様子で胸を揉みながら、耳、首筋にキスをしました。

明日香『どう?

タクマ『柔らかいです・・・

明日香『したことあるの?

タクマ『もちろん・・・

そういうと、太ももを触りながら、スカートの中へと入れてきましたが、アソコを触ったり、パンツを脱がせることはしませんでした。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事