なんでこんなに気持ちいのかな。

なんて思いながら、少しは抵抗しながらも、もう体はがくがくしていて。

もぉ、だめ…。いいからいれて

…うん

はいってくる。質量がナカをこじ開けていく。

もうここまできたら、浮気もなにもないの。

そんなことより疼くこの体を何とかしてほしくて。

収まったと思ったら、ゆっくり、だけど容赦なく抉ってくる激しさへ。

(なんで彼氏とするより気持ちいの…?)

だらしなくよだれを垂らしてトロンとしてしまうくらい、快感に身を捩っていて。

(これが相性がいいっていうことなのかな)

初めての感覚に戸惑う、でも気持ちよすぎてあんまり深く考えられない。

激しいままどれだけ経ったかな、もう気持ちよすぎて死んじゃいそうなのに、彼のモノは萎えることなくずっと突いてきて。

もぉ無理、もぉ無理ぃ…

じゃあうしろ向いて

がくがくして動かない下半身をくるんと転がして、バックで挿入。

さっきより深く繋がる。さっきより奥を突かれて。

声がどんどん止まらなく、大きくなっていって。

後ろが良いの?

きもちぃ、きもちぃの、奥もっとお…

変態

言葉責めでさらにドキドキ。快感は高まって。

リズムが激しくなって、コプ、コポ…とゴム越しに放出される。

ダメ、気持ちよかった。

こんなの虜になっちゃう。

ハジメ君に気持ちが傾いちゃう。

だってこんなの、初めて…。

動けない体で、ぐちゃぐちゃの布団に横たわったまま意識を落としてしまった。

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事