職場で出会ったが7年後に再開しエッチな関係に

A子「久しぶり~。

変わらない、前と同じ口調で話しかけてくる。

おう、驚くほど変わってないなw

こちらも以前と同じように接する。

変わっていないなと話したが、7年ぶりに見るA子は綺麗になっていた。

25才の若者の姿から、しっかりとした大人の女の姿になっていた。

食事の際、自然とA子の方ばかり見てしまう。

A子もこちらの視線に気づいているようで、目が合う事が多かった。

食事も終わりの時間が近づき、手洗いに私が席を立つと、A子も同じタイミングで「私も」と席を立った。

昔の仲間の死角に入った時

A子「今日、やたら私の事見てたでしょ?

そう話しかけていた。

私は酒に酔っているふりをしながら

そうだよ。やっぱり、いいな~と思って。

A子「いいなってどこらへんが?

綺麗になった。大人の魅力が出てきたのかな。

A子「何?自分の方が年下のくせにw

この後、飲みなおさない?

言ってしまった。

もう、この時には決めていた。

彼女との友達の関係を超える事を。

A子「もちろん!

察しているのか、察していないのか、7年前と変わらない反応。

食事を終え、他の昔の仲間と別れたところで、2人きりに。

もう2人を知っている人は誰もいない。

どこかで飲みなおすつもりだったたが、気が付いたら、私は彼女の手を握っていた。

妻子持ち。今更手を握るくらいでどうもないと思っていたが、そんな事はなかった。

驚くほど、緊張したいた。

緊張しながら、A子の顔を見る。

笑顔でこっちを見ていた。

そして、強く握り返してきた。

そこからは互いに話す事はなく、無言のまま、ホテルへ。

行為の間、ずっとA子はこちらの顔を見ていた。

こちらもずっとA子の顔を見ていた。

まるでずっと求めていたかのように。

私たちはついに一線を越えた。

今では月に2回ほど会うように。

この関係がいつまで続くかはわからないが、この気持ちの高鳴りはあの手を握った時からまだ冷めていない。

しばらくは続きそうだ。

あなたにおすすめの記事