OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乳首の周りを優しくなめていたかと思うといきなり歯で乳首を甘噛みされ、同時に亀頭の下の感じやすいところを悩ましくしごかれて、俺の限界が近づいた。

あっあっ、俺、もう・・・

俺の声を聞くが早いかさやかは素早く俺の股間に移り、しこり切った俺の勃起を口にくわえた。

あ、出るぅ・・・

俺は体の芯から絞り出すように精を放っていた。

彼女は喉の奥に俺の精を受けながらむせることもなく、おいしそうに飲み干した。

彼女が飲み込む口の動きが俺の勃起に心地よい刺激となって響いてきた。

ああ、おいしかった。

結局俺は一人で上り詰めて、彼女を気持ちよくさせてやれなかった。

この次はきっと。

そう約束して俺は彼女と別れた。

ランキング
あなたにおすすめの記事