このままいかせてしまおうか…。

と思った矢先、遂に我慢できなくなった彼は私の下着を下ろし、硬くなった物を一気に…。

あっ。

抵抗する間もない出来事。

彼はそれから夢中になっていった。

向こうでは、親子の声。

見られるかもしれない。バレるかもしれないというスリルが二人を余計に興奮させた。

私も、自分が生理だということなんて関係なくなっていた。

密室での出来事が終わり、ホッと一息。

満足感に浸る。

それから、何事もなかったように、待ち合わせ場所に戻り、何事もなかったように別れた。

その後も彼とは、時々連絡を取り、見られるかもしれないスリルを味わった。

お互いの家庭を壊さないように…。

ランキング
あなたにおすすめの記事