同い年なのに同い年に見えない綺麗なバツイチ女性とセックスしたエッチな体験談。

SNS=FaceBookのネコのグループページに登録していたところ、同グループにいた女性から「友達申請」をもらったのがそもそものきっかけです。

当初は、互いの投稿に「いいね」を押すぐらいでした。

それがちょうど一年経った頃、私の投稿にコメントを書き込んでくれました。

どこかに行った時の他愛ない投稿でしたが、「服装のセンスがいい」などと褒めてくれたのです。

はて、この人どんな人だっけ?

と気になり、この女性のプロフィールを見たら、たまたま同い歳、同学年だったのです。

そこで個人メッセージで「同い歳なんですね」と送ったことから、個人間のメッセージ上で個人的な会話をするようになりました。

居住地はそれぞれ関東と関西でしたが、驚いたことに共通の人物がいたのです。

私の高校時代の部活の仲間が中学の時、彼女と同じクラスだったのです。

そのような偶然もあってか、一度会ってみたいなと思うようになりました。

いよいよリアルで会えることになり、関西まで会いに行きました。

それからおよそ2ヶ月に1回のペースでデートを重ねましたね。

こちらが関西に行き、彼女が関東に来て、間の名古屋で逢ったりと…3回までは日帰りの中学生デートでした。

4回目のデートをどうしようかと話していた時、彼女が「お泊まりってできないの?」と訊いてきました。

私には妻がいますが、彼女はバツイチ独身ですから自由が利きます。

彼女は、地方都市の比較的裕福な家庭に生まれ育ったそうです。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事