オンラインゲームで知り合った女の子をお持ち帰りしたエッチな体験談。

俺の名は聡志。

とあるオンラインゲームのランカーとして名を馳せていた時期もあったが、それは過去の話。

今では社畜で会社と家を行ったり来たりしている生活が続いている。

そんな中、たまの休みにSNSの投稿を眺めていたところ、近くの繁華街で、自分がやっていたゲームのオフ会が行われるのを見つけた。

気晴らしに行って自慢話でもしてみるかと思い、夕方から繁華街へと出向いた。

いざオフ会の会場である飲み屋に入ってみたところ、そこにはほかの参加者がそろっていた。

自分も含め合計9人、男は7人、女は2人だった。

あまり女受けするゲームではないため、女性プレイヤーは珍しかったため、女好きである自分はついたくさん話をしてしまった。

一人の女は人妻で、旦那と一緒にオフ会に来ているようだったので早々にスルー。

俺はもう一人の女に狙いを定めた。

相手の名前は理央。大学で就活中なのだとか。

ルックスはAKBやNMBなどの「会えるアイドル系」のような雰囲気で、顔立ちが整っている。

背はやや低く、俺とは頭一つ分差があるほどだった。

服装は黒を基調とした落ち着いたブラウスとハイジーンズ、いわゆる「オタサーの姫」とは全く違った服装で、

たぶん意図的に男を寄せ付けないようにしているのかもしれない。

オフ会は大盛り上がりを見せ、理央も調子に乗っていたのか、酒を浴びるように飲んでいた。

そのためかなり泥酔してしまっており、誰かが支えていないと歩くのもままならないようだった。

ゲームの話ですっかり打ち解けた俺は、理央を支える役を買って出て、家に送っていく話をつけた。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事