10代の女の子とレイプごっこしたエッチな体験談。

地域の情報を得るにはSNSが便利。

「〇〇(地域名)」と「ヤリマン」を入力して検索すると、A子という名の女がヒット。

各SNSでA子のことを調べると、ビッチ女やケツ軽など言われ放題。

A子が実在するのかその地域の者に聞くと、「アイツなら〇〇駅で良く見かけるよ」。

〇〇駅は私の暮らすマンションから車で10分ほどと近いため、会えなくても構わないと思い〇〇駅へ行くと、自転車に座ったまま単行本を読んでいる女の子を発見。

その子は品の良いワンピースを着ており、ヤリマンとは真逆なタイプ。

暫くその子を見ていたのですが、ずっと本を読むだけで誰も迎えに来そうではなかったため声を掛けました。

私、「どこまで読んだ?

彼女、「第三章まで

私、「まだまだだね

彼女、「読み始めたばかりなの。この小説、読んだことあるの?

私、「授業でね

彼女、「お兄さん、大学生ですか?

私、「若く見えるけど28歳、先生をしているの

彼女、「先生だから若く見えるんだ

私、「そこに居ると日焼けするよ

彼女、「田舎だから、この辺りには休める所がないの

私、「1人カラオケするつもりだったけど君も来る?涼しいよ

彼女、「お兄さん危ない人じゃないよね?

私、「これでも先生なんだけどな

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事