彼女の問にどう答えたら良いか迷っていると先輩から電話。

先輩、「おい、コンドームは買ったか?

先輩の声は受話器から漏れそうなほど大きく

私、「あっ、はい

先輩、「今、何処にいる?

私、「スイマセン、今立て込んでいるため切ります

先輩、「おい、チョット待って

電話を切ると彼女は、「電話を切っちゃって良いの?

私、「先輩だから構わないのです

彼女、「会社の先輩?

私、「はい

先輩からの電話より私の気掛かりは彼女が言った「初めてが私で良いの?

出会ったばかりの彼女に「初めては貴方が良い」と言うのも変な話。

初めては他の子が良い

と言うのはもっと変な話。

返事のしようがない私は「何処へドライブ行きますか?

彼女、「女性とデートするのも、もしかして初めて?

私、「はい

すると彼女は、「初めてのデートが私で良いの?

また同じような質問。

これは彼女の口癖なのか?

エッチに比べデートのほうが難易度は低いため、

私、「初めてのデートを付き合って下さい

彼女、「若い子は素直で良いね

2人が向かったのは眺めの良い峠。

山道に彼女が車酔いしないか心配でしたが、元カレが車好きだっただけあり彼女はウトウト眠っていました。

目的地に着くと生憎(あいにく)の天気で眺めは最悪、車のエンジンを切ると

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事