肌が白い綺麗な女性とプールでセックスしたエッチな体験談。

はーい、こっちですよー

ジャブジャブ、と音を立てながらプールの右端で浮具に捕まって泳ぐ俺に対して優しくリードする女性がいる。

名前はナミエ。年は26歳、ならしい。

髪は茶髪のロングヘアーを白いキャップでスマートに包み、全身紺色のピチッとしたスクール水着を着込んでいる。

肌が白くて、何より……おっぱいが大きい。

何故俺が、こんなことまで知っているか?

それはとあるSNSで彼女の投稿を見た時だった。

今日も仕事行ってきます!

と、コメントされた彼女の投稿ページには、これから勤務する彼女の写真がアップされていた。

彼女のキュッとした笑顔と、豊満に膨れた胸元のT-シャツ。

そして、何より色白美人で高身長!

休日の午後にむっくり起きてスマホでSNSの投稿をバラ見していた俺に衝撃が走る。

(この子……かわいい。マジで、セックス……したい)

心の底から沸き起こる熱いエネルギーを感じた。

股間が熱くほとばしり、強い鼓動が走っていく。

気がつけば、俺はとあるスイミングスクール施設にいた。

泳げないくせに、スイミングキャップを被り、ネットで購入した水着を履いてプールの中でバシャバシャと泳ぐ。

はーい、もうすぐ、もうすぐですよー!頑張ってー

ナミエちゃんが優しく後ろ歩きをしながら、今度は俺をリードしてくれる。

(ああ……まるで天使だ……ずっとリードされたい。)

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事