部屋に戻るとミサさんは下着だけの姿になり僕の服を脱がす。

ふふっ鍛えてるのね

乳首にチュッとされる、余裕だね奥さん。

それほど女の扱いに慣れてない僕に「いいわよ好きなようにしなさい」って言ってくれた。

欲望のままにエロ下着に包まれた人妻の身体をまさぐった。

んんっいいっ上手よっ

いいなー年上のお姉さんにリードされるのって。

下着をずらして乳首とマ〇コを責めまくる「あぁーあぁっあぁーっ」ミサさん感じてくれてるな。

僕の腕の中で股をひろげ股間をいじられてる姿が化粧で使う鏡に映ってる、あっ目が合った。

もっとやってっ」鏡から指示されてボクは音を立ててぐちゃぐちゃ愛撫すると「あぁーーーっ

着替えてくる」今度は僕の前にスケスケベビードールだけの姿で現われた。

やらしすぎて我慢できなくなってる僕に「咥えさせて

奥さんは四つん這いになってボクのチ〇コを咥えた、プリンと突き出たお尻がH。

じゅるじゅる味わうようにしゃぶるとミサさんいきなり身体を起こして「きてっ

僕の前でガバッと股をひろげた、最高の眺め。

先っちょでクチュクチュしてからミサさんのぐちょぐちょマ〇コへ突入っ。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事