ビジュアル系男子と会って癒やされたエッチな体験談。

その彼(ガク)とは、とあるサイトで出会った。

お互い車だったので、24時間営業している本屋の駐車場で待ち合わせた。

ガクの車は、高級外車で、助手席に乗せてもらった。

初対面で緊張しないよう、優しい言葉をかけてくれる。

車の中は甘いとても良い香りがした。

細い身体つきで、茶髪、十字架が似合う、格好。

それに比べて、私は、仕事帰りでスーツにメガネ、黒髪。

大してかわいくもないし、劣等感を感じてしまう。

ガクの車の中で、たわいもない話をする。

僕は、いろんな女性を知っているよ。例えば、教師とか看護師とか、だから、ユキの職業だっておかしくはないよ。

私の職業は塾の講師だったが、家に帰りたくなくて、毎晩のようにネットに頼っていた。

ガクにはたくさんの女性のパトロンがいて、何にも困っていないんだそうだ。

だから、私のような病んでいる人間を「助けたい」「癒したい」と言ってくれた。

私は、夜のガクと話をして、日中はどんな生活をしているのだろうと気になった。

それほど生活感がなく、綺麗な顔だったからだ。

私は何で癒して欲しいと思ったかと言うと、やはり、「抱かれたい」であった。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事