ゆっくり奥まで入った時に思わず

痛いっ

竿師が

力をぬいて

は…ぃ、すいません…

よく痛いって言われるんだよね

竿師がゆっくり加減をしながら腰を動かす。痛さはなくなり気持ち良さが声に出る。

はぁはぁ…あぁん…

そんな最中にささやくように

エマ。エマ。

ご主人様が呼んでいた。

ご主人様は無表情で行為を眺めていた。

竿師との行為の喘ぎもだく中。

あぁ、はぁはぁ…ご主人…さまぁ…

竿師がさらに激しく突いてくる。

ご主人様に見せつけるように。

あ…だめぇ〜イっちゃうー!

身体がピクンピクンしながら反り返りイってしまった。

竿師が耳元で囁いた。

エマちゃんはイキやすいんだね。カワイイ。

竿師の動きが激しくなり耳元で

イっていい?」

竿師から振り絞るかのような声と同時に私の中で噴射された。

私が絶頂に達した脱力感でソファーにグッたりしている間に竿師と男性、ご主人様が互いに挨拶をして2人はプレイルームから出て行った。

ご主人様が私の隣に腰掛け

エマどうだった?

はい…気持ち良かったです。申し訳ございません…

ご主人様が耳元で

謝ることはない、でも見ていてヤイちゃった。後でお仕置きをしないとね。

ちょっとグッたりだけど、今日はどんな『お仕置き』なのか胸がドキドキしてしまう。

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事