田舎でも可愛い子で性欲発散させることはできるエッチな体験談。

私が住んでいるのは最寄り駅まで車で1時間以上は掛かる田舎町。

田舎だと人口は少なく、2人で話をしているだけで「付き合っているの?」と言われるため、町の中で恋愛をするのは難しい環境にあります。

田舎町でもネット環境は整っているため、多少時間や日数は掛かりますが、買い物に困ることはありません。

若い時はネットのエロ動画を見て性欲を発散出来たのですが、風俗で生身の体を知ってしまうと、オナニーをしている自分が虚しく、私は休みの度に都会へ出て風俗を利用するようになりました。

20代のうちは性欲に体力が追い付いたのですが、30代になると気持ちはあっても疲れることが分かっていると性欲はセーブ。

問題が起きなければ良いのですが、性欲をセーブしている時に仕事などで大きなストレスを抱えると、ちょっとしたことで性欲は爆発しそうに、これでは体に良くないと思った時に地元の友人に勧められたのがSNSでした。

かつて出会い系サイトで良い思いを出来なかった私は、どうせSNSも同じような結果になるのではと大して期待はしていなかったのですが、私の居る所から車で20分程の所に住むA子(仮名)の存在をSNSで知りました。

SNSで、「自分が住む地名」と「援助」を入力して検索すると

1回2万、コンドーム必須」のA子にヒット。

SNS未経験でもかつて出会い系サイトを利用したことがある私は、「1回2万」がSEX1発2万円であることは分かり、早速彼女にコンタクトを取りました。

出会い系サイトではメッセージのやり取りを重ねてから会うのが一般的ですが、SNSでのA子とは無駄なやり取りは一切不要。

彼女から送られてきた最初のメッセージは「私なら今からでもOK」。

暇にしていた私は直ぐにA子と待ち合わせ、どうせA子は実在しないのでは?

来るはずはないと思っていたのですが、彼女は時間きっかりに現れ、予想をしていたより可愛らしい子でした。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事