普段なら街で見かけるだけの可愛い女の子とセックスできて興奮したエッチな体験談。

タカシさんですか?

最初に声をかけてきたのはマリコだった。

普段から出会い系を使って女の子と会うことが多いがハズレの娘が多く、今回もあまり期待していなかった。

だが、違った。

そこにいたのは、昔俺が告白してフラれた女に似た、胸は小さめだがショートパンツで美脚のスタイル抜群の女の子だった。

俺は驚いた。と同時に無性にセックスをしたいという願望と、こんな俺で満足させられるのだろうかという緊張で、何も声が出なかった。

そんな緊張している俺をよそに、いきなりマリコは俺に腕組みをしてきてこういう。

今日はいっぱい楽しいことしようね

そ、そうだね。いっぱいしよう!

何をしようとというのか意味不明な返事をしてしまった俺だが、何も言わなくともラブホに向かって入った。

ラブホの部屋に入った瞬間、いきなりマリコが俺に抱きついてくる。

ねえ、ゆっくりと激しいのとどっちが好き?

もともと積極的だなとは思っていたが、こんな可愛い子がここまで積極的なのには驚き、俺も興奮を隠せない。

ど、どっちも好き。

そう答えながら俺のアソコは既に最大まで勃起している。

それに気づいているマリコは俺の股間にマンコを当てこすりつけ始める。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事