玄関で外に聞こえちゃうんじゃないかと思う程のエッチな体験談。

ただいま

住んでもいないのに、そんな言葉を吐きながら、玄関で圭一はいつも抱きついてくる。

会いたかった

そんな言葉が聞こえるかいなや、頭の後ろに手を回して、啄ばむようなキスを落とす。

待って....まだ、玄関....

そう言おうと口を開くと、そのままぬるっとした舌が私の歯列を舐め出す。

や・・・あ・・ん  声出ちゃう・・・まだ玄関だよ

圭一の腕が私を抱き寄せ、右手は既に私のシャツのボタンを弾くように、外し出す。

やあ。。。本当に待って。。。やんっ!痛い!

慣れた手つきで、ブラから私の乳首を転がすように出させると、コリっと歯を立てたかと思うと、お腹をすかせた赤ちゃんのように、ちゅうちゅうと圭一は口に含んで舌で転がす。

ふあ・・ん・・・やんっ!あっ・・・もう、だめえぇ

どんだけ、圭一の頭を両手で離そうとしても、身長差もある男の力には勝てない。

そんな、イヤイヤ言ってるなら、お仕置きだな

そう言うと、圭一の頭に置いていた私の両手を上に一掴みにして、抵抗できなくすると、もう片手でワンピースの前歯を捲り上げ

ほら、咥えてろ

と裾を口に入れられる。

逆らうともっとひどいことになるのがわかってるから、裾をくわえたまま、でも、頭を横に振ってイヤイヤをする私に

いや?本当に?

と、切れ長の綺麗な瞳に、どろっとした欲望をのぞかせながら、私のパンツの横から指を入れる。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事