同僚の中でハメ撮りが流行り出会い系やSNSを使いハメ撮りをヤリまくる男のエッチな体験談。

同僚が集まると自慢し合うのがエッチのハメ撮り。

大切な彼女とのハメ撮りを同僚に見せるわけにはいかないため、ハメ撮りをするのはSNSや出会い系サイトで知り合った女。

中にはハメ撮りを了承してくれる女もいますが、そのような女は極僅か。

大抵は拒否されるためハメ撮りは隠し撮りしなくてはなりません。

私の勤める会社には低額で利用できる社宅があり、独身者の大半はその社宅を利用。

同僚らがSNSを利用するのは休憩時の喫煙スペース。

もしくは社宅に帰ってから、そのため同僚らがSNSで出会った女と待ち合わせをする際は、会社もしくは社宅の最寄り駅を利用します。

SNSや出会い系サイトを利用する際は、住まいもしくは勤め先近くで会える者を探すため、同僚と女がかぶっても良いようなものですが、未だかつてそうならないのはSNSなどを利用して出会いを求めている女が多いということ。

会う前に相手の画像を送ってもらうことが出来れば、念の為に同僚らに「この女、知っている?」と聞き「知らない・知っている」で終わらないのが常。

画像を見た同僚らは「このブスと会うの?

こいつビッチだぞ

アソコ臭そう

など好き勝手に言っています。

風俗で指名をしても当たり外れがあり、しかもお金を出して外れを引くほど虚しいことはありませんが、SNSなどで知り合えればタダ(無料)でエッチをすることが出来るのですから、多少難があっても仕方がありません。

同僚らに「こいつビッチだぞ」と言われていた女と待ち合わせ。

私は仕事帰りのためスーツ。

ボーナスで買ったばかりの時計を見ていると、「遅くなってスイマセン

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事