チンコを彼女の前に差し出すと彼女は上手くはないものの口に含んで懸命に舐めまわします。

真面目そうな顔をして上目遣いでチンコをしゃぶる彼女に耐えきれなくなった僕はもう挿入することにしました。

彼女に股を開かせるとまだヒクヒクしているオマンコにチンコを突っ込みます。

先ほどイッた彼女はかなり敏感になっていてそれだけで大声を出して喘ぎます。

お構いなしに腰を振ると最初の大人しさは完全に消えてしまって乱れまくっていました。

色々な体位を試しながら腰を打ちつけて最後はコンドームから溢れそうな精子を吐き出させてもらいました。

その日はもう何も出ないというところまで何度もセックスしました。

欲求を溜めこんでいた彼女がセックスに貪欲で逃がしてくれなかったからです。

回を増すごとに大胆度は増していき、最後は逆に犯されるかのように精子を絞り取られ、彼女のエロさにはさすがの僕も参ってしまいました。

あなたにおすすめの記事